モートンとトミーネ、共演中!

『白雪姫』の記事、詳細です。
http://www.klikk.no/produkthjemmesider/herogna/article753568.ece

調和:モートンと娘のトミーネ・マルムキスト・ハルケットはおとぎ話映画『壁の上の小さな鏡』(原題:Mirror Mirror)の中で、声の出演。

トミーネとモートン・ハルケットは話題の映画で

今、共演中!

なんて素敵なa-haの出来事でしょうか!
話題の映画「壁の上の小さな鏡」(原題:Mirror Mirror)でトミーネとモートン・ハルケットは協力しあっている。

モートン・ハルケット(52歳)はa-haが歴史になったにも関わらず、失業者には程遠い。
スター・ボーカリストは彼の新しいアルバム『Out of my hands』で話題だが、別の仕事もしていた。

モートンはアメリカの家族映画『壁の上の小さな鏡-白雪姫のおとぎ話』のノルウェー語吹き替え版で王様役に声を提供している。

この新しい、古典的なおとぎ話をベースとした娯楽映画は、イースターの前の金曜日にプレミアが開かれた。

この永遠の若さを誇る伝説のアーティストの共演者は誰でもいいわけではない。
モートンの美しい娘、トミーネ・ハルケットは「白雪姫」を演じた

オリジナルバージョンの王様と白雪姫はそれぞれ『Game of Thrones』のショーン・ビーン(52歳)と、スーパースター、フィル・コリンズ(61歳)の娘、リリー・コリンズ(23歳)が演じた。
ジュリア・ロバーツ(44歳)は、悪い女王の役だ。

これで、またいつかトミーネとモートンが共演するのを見られるかもしれないっていう楽しみができた

トミーネは間違いなく、両親から芸術家の遺伝子をよく引き継いでいる

モートンは1984年からのポップスターだし、母親のカミーラ・マルムキスト・ハルケット(48歳)は、もアーティスト、
そして、(その他大勢の)役者だった。
モートンの一番年上の娘は、20004年に古典ミュージカルの「アニー」とその後の「アニー2」
で、既に印象づけている。
又、2010年には『メロディ・グランプリ』に参加し、彼女のスターの素質を証明している。

<以前の記事>
ノルウェー語吹き替え版『Mirror Mirror』でのモートンとトミーネの配役

モートンとトミーネ、声優に挑戦?!


コメントを残す