Hjemkomst:登場人物一覧

『Hjemkomst』に出てくる主な登場人物です。追記していきます。

名前どんな人主な関わり
Andrew Wickhamワーナーカリフォルニアの偉い人
ロンドンに駐在していた
a-haとの契約
契約時に、メンバーのソロはワーナーでやるという契約を結ぶ
モートンにソロ(アラン・ターニープロデュース)を持ちかけた人
Håvard Rem詩人。モートンに作詞を教えた人
モートン同様、子供の頃を、ノルウェーのバイブルベルトで過ごす。
モートンとの出会いは1986年。モートンの弟 Håkon Harketの紹介であう。1992年、Håkonの家で『Cohen på norsk』について打ち合わせをするがその時は話は流れ、『Poetnes Evangelium』のプロジェクトにモートンを招待する。
『Poetenes Evangelium』リリース後、Kjetil Bjerkestarndと共に、モートンのシークレットプロジェクトに関わっていく。
『Wild Seed』でモートンと作詞を数多く手がけ、作詞賞などを受賞
a-haでは『To let you win』を提供
Kjetil Bjerkestrand編曲、作曲家
『Shepes that go together』でも編曲担当
マグネのソロプロジェクト Timbersound(1994~)での相方
『Poetenes Evangelium』でモートンと出会う
リリース後、Håvard Remと共に、モートンのシークレットプロジェクトに関わっていく
『Wild Seed』レコーディング時、トロンハイムのニダロススタジオではメンター的役割を果たした。
モートンのソロでは数多くの編曲に携わっている
Håkon Harket モートンの弟モートンにRem氏を紹介した。a-haの最初の本を執筆した一人。
Locomotivesバンド。『Movies』の原曲『My Woman』(オリジナル)を作った。Nidarosのスタジオで後の「Wild Seed」のレコーディング中、トロンハイムの町中でモートンが見つけたバンド。モートンは夢中になり、彼らの『My Woman』が『A Kind Of Christmas Card』のインスピレーションになった。後に原曲もカバーして『Movies』をリリース。

コメントを残す