ノルウェー語吹き替え版『Mirror Mirror』でのモートンとトミーネの配役

ちょっと忙しいので、しっかり訳せるのは明日の夜か月曜になりますが、以前お伝えした「白雪姫」をベースにした映画「Mirror Miror」(ノルウェータイトル:壁の上の小さな鏡)のノルウェー語吹き替え版で(参考:『モートンとトミーネ、声優に挑戦?!』)、モートンとトミーネが何の役をしているか解りました。

モートンは王様役(オリジナル配役:ショーン・ビーン)、トミーネは白雪姫(オリジナル配役:リリー・コリンズ(あのフィル・コリンズの娘))だそうです。

ソースはこちら:http://www.klikk.no/produkthjemmesider/herogna/article753568.ece

The following two tabs change content below.

Misaki_Tomo

2011年からノルウェー語をはじめ、現在、中上級(B1-B2)レベルを勉強中。今は新聞やインタビューは読めて、モートンのMCくらいならわかります。現在、文法と作文の能力強化中。ゆっくり話してくれたら理解できるレベル。Håvard Rem氏から彼の本や歌詞の日本語訳を許可を得てやっています。 いつか出版できるといいな。 2015年から日本・ノルウェー協会に参加。

ノルウェー語吹き替え版『Mirror Mirror』でのモートンとトミーネの配役” への2件のフィードバック

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください