The Voice Norge, ブラインドオーディションが終了して新たにノックアウトラウンドがスタートしましたね。しかし…、どうやら今回はブラインドオーディション以上に情報統制がひどく、審査の言葉すらカットされてます。なので、今後更新をどうしていくかは検討中です。暫くやってみて、あまりにむなしかったら途中で終了するかもしれません。

とはいえ、まずはノックアウト開始に伴って、facebookにビデオが投稿されていたので、そちらからご紹介

”定員はいっぱいになった”

”ブラインド・オーディションは終了”

”金曜日、戦いは終わり、”

”新しいフェーズが始まる”

(レネ登場)

”ノックアウト戦では、顔を合わせて戦うでしょ”

”声と声の戦い”

”そして一人だけが、次に進めるのよ”

(出場者)

<チームヨセフ>の看板でヨセフ登場

”僕のチームは14人の素晴らしいメンバーがいる”

”でも、君は自分が、その場所に値するかを意識しなくてはいけない”

”僕のチームとして勝ち進むに値するかどうかを”

<チームマーティン>の看板でマーティン登場

”僕のチームから外すことを選ぶことになるかもしれない、”

”それは不可能な課題なんだ”

(司会者)”マーティン、私は君が二人ともとやっていきたいことはわかっているけれども”

(頭を抱えたマーティン)”Øyvind, 僕はもう、ここにはいたくないよ~;”

”僕はこの人達に賭けてるのにー”

”二人共に成功をつかんでほしいのに”

<チームモートン>の看板でモートン登場

”彼らはただ単に舞台にたって出演するだけでなく、”

”沢山のことを演奏し続けるんだ”

”そうすることが、彼ら自身が何を芯としていくかということをもたらしていく”

”彼らの可能性の中から”

(参加者)

”これは、人生一度きりのチャンス”

”これは、私に何が出来るかを見せることが出来る可能性なの”

”私は自分が音楽で進んで行けるという大きな可能性を感じている”

”怖かった、そこにいて”(泣き声)

”上手くいかなかたって感じたの”(泣きながら)

<マーティン>

”でも、ノックアウトでは”

”他のチームからメンバーを取ることもできる”

(不安そうな参加者の顔)

(モートンの笑顔)

(再びマーティン)

”それが、僕は楽しみなんだ”

(”取る”ボタンを押すマーティン)

(”取る”ボタンを押すヨセフ)

ヨセフ「もう少しの間、一緒にやろう!」

<レネ>

”これは骨が折れるわ”

”でも!”

”だからこそ、面白くなるのよね”


相変わらずモートンカッコイイ。

というわけで、初戦の様子
まずはIda VS Mina (Team Lene)

https://www.tv2.no/v/1425314/ Ida   ★Yosef
https://www.tv2.no/v/1425316/ Mina ☆Lene

審査の様子は全く出ていないので、どんな言葉があったかはわかりませんが、これはMinaが進出、その上で、ヨセフがIdaを取って二人とも次回戦へ。

次回戦に進出!!ヨセフありがとう、あなたのチームに加えてくれて。永遠の感謝を

こちらもレネチーム。オスカーVS Silje
https://www.tv2.no/v/1425305/ Silje
https://www.tv2.no/v/1425304/ Oskar  ☆Lene

https://www.instagram.com/p/BuMi3XNA0NH/

負けてしまったSiljeは、4月にはシングルのリリースなどがあるそうで、上記動画でも、オスカーのこれからを願っていると話しています。興味のある人はシングルとか聞いてみるのもいいかもしれません。

チームヨセフの対決は一組。

https://www.tv2.no/v/1425307/  Kristine ☆Yosef
https://www.tv2.no/v/1425308/ Sofie

こちらはKristineの勝ち。一日で消えてしまうinstagramの動画では、「楽しかった、でもソフィーが選外になってしまったのは悲しい」と言っています。

チームマーティンの対決は、HanaとEmma。Emmaは前回のブラインドオーディションで、マーティンだけが選んだ人ですね。Hanaも同様で、マーティンのみが選んだメンバーです。

ヨセフ、「なんで僕はボタンを押さなかったんだろう」 (Hana) ☆Martin
https://www.tv2.no/v/1425310/ (Emma)

結果はHanaの勝ち。残念ながら動画に「なんで僕はボタンを押さなかったのか」と嘆くシーンは収録されてないんですけども。

そしてラスト、モートンチームは、SebastianJune。
Juneは、リンク先読めばわかるとおり、モートンかレネになって欲しいと願っていて、マーティンを振ってモートンにメンターをお願いした経緯があります。モートンが振り返った瞬間、バレバレだった子です。

モートン、JuneのMilly Cyrusの解釈をとても素晴らしいを褒める
https://www.tv2.no/v/1425315/  (セバスチャン)

どちらの動画も、モートンがとても優しい顔で見守っているのが良いです。溢れる包容力。
っていうか、そういうタイトルつけるなら褒めるシーン載せて欲しいの

セバスチャン、あなたはこの戦いで勝つのにふさわしい人だったわ、おめでとう!

そして、メンターのモートン・ハルケット、チャンスをくれてありがとう

うーん、残念。でも、確かに二人の歌唱を聴くと、セバスチャンがどうみても勝ちなんですよねえ。もう少し頑張って欲しかった。

投稿者

Tomoko

1985年7月4日、期末試験の直前で部活が休みだった日に、たまたまみたテレビ神奈川の「ミュートマ」で『Take On Me』を見てモートンに落ち、8月25日にアルバム発売というので誕生日プレゼントにしてもらって、モートンの声の多才さに感動。その後、タイトルを最後に言うタイプのラジオで「この声綺麗」だと思ったら「I've been losing you」で、これまたモートンだったことから、自分にとって最高の声だと確信。2010年の解散に伴い、翌年からノルウェー語を勉強しはじめ、現在はMCは聞き取れるようになりました。