2017年の『The Voice Norge』でファイナルからいち早く落ちてしまい、モートンを落ち込ませたIngeborg。その後、2018年にはNRKの番組に出演したり、ミュージカルに出演したりと活躍していた彼女ですが、今年も変わらず大活躍中。

まず、既に3ヶ月ほど前になりますが、映画「Yohan」でモートンの息子役をやったAlexander Rybakと音楽祭で共演しました。

この共演をきっかけになのか、この共演そのものが、企画ありきだったのかはわかりませんが、「トロルと魔法のヴァイオリン」にRybakと出演することになったようです。

Aleksander Rybakといえば、「フェアリー・テイル」が代表曲。あ、だからトロルのオファーかなと思ったらそうではなくて、

https://www.cappelendamm.no/_trolle-og-den-magiske-fela-alexander-rybak-9788202490218

なんと、彼自身による絵本でした。作家としてのデビュー作なのだそう。表紙をみるとなんと、ストーリーの読み聞かせと音楽がCDで添付されているようです。

うん。絵本の表紙と、Rybakの扮装姿そっくりすぎですね。この絵本をテーマにした活動は本が発売された2015年にもしていたようで、

子供達の前で演奏している姿も、youtubeにアップロードされていました。

今回は本格的な劇場で、ファミリーミュージカルとしてやるようです。

決勝で最後まで残ったSebastianよりも活躍している気がしますね。あ、実はThe Voice 2017の面子では、Knutくんも結構活躍しているようで、NRKのラジオ局P3に出たり、来月のIngeborgよりちょっと早い日程で、ミュージカル「Broadway Baby2」に出演するそうです。

http://www.turnekompaniet.no/hamarteater/?fbclid=IwAR3TbtrP87r9A7SzksnK5Mn-6jGvQO-BJZl5CoaVw1yORJRLAsqLrJVonos

共演の女性は、同じバンドをやっていた姉、Johanneだそうです。このためだけにノルウェーいくつもりはないですが、そのうち、a-haやモートンのソロコンサートに行ったときに、彼らの舞台をみることも出来たら良いなとちょっと思いました。もし、自分がノルウェーに住んでいたら彼らのライブはきっと見に行くと思います。

最後に、The VoiceのときのIngeborgとKnut。

投稿者

Tomoko

1985年7月4日、期末試験の直前で部活が休みだった日に、たまたまみたテレビ神奈川の「ミュートマ」で『Take On Me』を見てモートンに落ち、8月25日にアルバム発売というので誕生日プレゼントにしてもらって、モートンの声の多才さに感動。その後、タイトルを最後に言うタイプのラジオで「この声綺麗」だと思ったら「I've been losing you」で、これまたモートンだったことから、自分にとって最高の声だと確信。2010年の解散に伴い、翌年からノルウェー語を勉強しはじめ、現在はMCは聞き取れるようになりました。