2/20に投稿した「モートンのデュエット」の本文記事です

ピア・チェルタとモートン・ハルケットのデュエットを聴いてみて

オープニングイベントでの歌

2009年5月7日(木)
それは、数週間前、友人同士の無邪気なデュエットから始まって、
今晩、彼ら2人はカールヨハン通りの新しいショッピングセンター
Egerでデュエットをすることになった。

―ピアの勇気の賜だよ。
カールヨハン通りでの拍手を浴びてモートン・ハルケットは言った。

―思いつきで始まった

彼ら二人は、贅沢品とデザインものを扱うことになる流行の店の前で
Everyly Brothersのレコード<<Let it be me>>をOslo-fiffenと共に
大きな声で歌った。

1991年、Rioでのa-haのコンサートは194000人動員という世界記録を打ち立てた。

なぜ、デュエットしようと思ったのですか?

―共通の友人宅での、ちょっとした思いつきでやったのよ。そこで、誰かが「もう一度一緒に歌ってみたら」って言ったの。私たちも一緒に仕事ができたらいいなと思ってたから、モートンが(今回のデュエットを)希望してくれたのよ。

―僕たちはこの素晴らしいことのために、何かしようと思ったんだ。そして、それは本当にスムーズにいった。全てにおいて、ほんの少ししか火花を散らさずにね。

―味わい深かった

女優ピア・チェルタは、今年の初めにミュージカルスターとして大きなデビューを飾った。
彼女はまた、Julius Wingersのアルバムで、コーラスもやっている。

ハルケットは、彼女への熱狂を隠さずに言った。

―彼女は上手だよ。一緒に仕事しやすいし、熱心で何かを得ようとしていたよ。 より良い方法に好奇心いっぱいなんだ

賞賛にもかかわらず、彼女はキャリアを変更してコンクールに出ることについては拒絶している。

―そんなまじめに評価されるものではないのよ、でもとても楽しくて味わいぶかい経験だったわ


Misaki_Tomo

2011年からノルウェー語をはじめ、現在、中上級(B1-B2)レベルを勉強中。今は新聞やインタビューは読めて、モートンのMCくらいならわかります。現在、文法と作文の能力強化中。ゆっくり話してくれたら理解できるレベル。Håvard Rem氏から彼の本や歌詞の日本語訳を許可を得てやっています。 いつか出版できるといいな。 2015年から日本・ノルウェー協会に参加。

0件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。