連日、お伝えしている『The Masked Singer UK』のViking、以前、『The Voice』の現メンターに問い合わせていた『Godt kveld Norge』が遂に、a-haファンで有名なあの人、Sondre Lercheに問い合わせた結果を記事にしました(笑)。いや、なんでそれがないんだろうって不思議だったんですよね。『The Voice』で以前にメンターもやっていたし…。というわけで、記事を訳しました。元記事はこちら⇒https://www.tv2.no/a/11923132/


モートン・ハルケットのマネージャーは、『Masked Singer』の推測について無言を通す

GOD KVELD NORGE (TV 2):ネットは今、『The Masked Singer UK』の中の人についての推測で沸いている。 著: Mariann Habbestad

『The Masked Singer』のイギリス版で、特別な声をもつバイキングが登場した。

この歌声の持ち主については、ノルウェーのレジェンドアーティストであるモートン・ハルケットだいうのが大方の見方だ。

God kveld Norge は、モートン・ハルケットのマネージャーであるHarald Wiikに何度もコンタクトを取ったが、得られた答えはこれだけだった。

– コメントはありません

– 母の声を聞くようなもの

アーティストで作曲家でもあるSondre Lercheは、a-haだけでなくモートン・ハルケットについても、大ファンである。彼は2011年にTV2の番組で、a-haの『Take On Me』がきっかけで曲を作り始めたと語っている。

Lerche は、彼がa-haの大ファンだったこと、学校から帰った後は、モートン・ハルケットのような装いをしていたと認めている。

『The Masked Singer UK』を見た後、彼はバイキングが誰なのか 何の疑いもなかったという

彼は、Godt kveld Norgeへのメールに「モートン・ハルケットの声を聞くことは、僕にとって、自分の母の声を聞くようなものだ、ともかく、あの声はわかるんだよ。そういうことなんだ」と書いた上で、「僕にとって、あの声はまごうことなく、彼の声だ」と強調している。

Lercheは疑っていないが、ミュージックマネージャーのJan Fredrik Karlsenは、確信に至っていない。

「バイキングの声の響きや特色は、モートンの声の使い方を思い出させる。力強くかつ繊細なものだ。だが、全ての声のトーンがそういうわけでもない」とNRKに答えている。

バイキング?:多くの視聴者が『The Masked Singer UK』のバイキングの背後には、モートン・ハルケットが隠れていると言う。写真: Helene Kjrgaard Sviland, Senkveld/TV 2

彼は、バイキングの声の表現がモートン・ハルケットのものと、全てが同じとは言い切れないとしている。

ヒントは、ハルケットをさしている

バイキングがFleetwood Macの『Songbird』を番組内で歌ったとき、多くの人が Morten Harketに違いないと主張した。

示されたヒントの一つ『Kings Rock』は、彼の出身である『Kongsberg』を意味する。それに、マスクもバイキングだ

番組の中で、バイキングは嘘と真実を織り交ぜ、そこでパネラーは間違った答えか事実かを推測する。バイキングの主張の一つは『Blue Peter Badge』を持っているということだ。これは、BBCが子供向け番組にでた人に授与する印だ。ハルケットは1986年にオンエア中に受け取っている。

バイキングは、また、LPレコードを壊している。これは、プラチナアルバムの記録のことか、彼が2000年にとった記録のことを意味する可能性がある。

彼は、『Summer Moved On』で一つの曲で同じトーンを20.2秒保持したとして、世界記録を打ち立てた。

バイキングは他にもこのようなヒントをだしている:「僕のキャリアでは、このコンクールではないが、声をさがしている」これは、『The Voice』で彼がメンターをしていたことを暗示している可能性がある。

バイキングの持ち歌だった?

バイキングは、a-haの人気曲『Take On Me』を歌った。これによって、多くの人が、モートン・ハルケットであることに何の疑いもないと主張している。

Youtubeのコメント欄では、

「この明らかな声は、世界でただ一人、私のアイドル、モートン・ハルケットだ。登場したのを見られるなんて素晴らしい」

「モートン・ハルケットでしょ。そうじゃなかったら、自分の持ってるa-haのホットパンツを食べるよ」

パネリストの一人、アーティストのRita Oraは、A1 のベン・アダムスだと推測した。A1は、『Take On Me』のカバーを出しているからだ。

他には、アーティストのMika,『Game Of Thorones』の俳優アルフィー・アレン、歌手のリック・アストリー、元自転車プロロードレース選手のランス・アームストロング、俳優のクリス・エヴァンスの名前が挙がっている。

バイキング自身は、パネラーの答えは間違った方向にあると主張している。

家族と同僚は、何の疑念もない

アーティストで、モートンの娘であるトミーネ・ハルケットは、NRKに対し、(バイキングとして)舞台にいるのは、自分の父親だと思っていると表明している。

「私は自分のパパの声はわかってると思いたいわ。この声のバイブレーションはパパの型だし、そう聞こえるもの」と、国営放送(NRK)に語っている。

今年の «The Voice»のメンターもまた、モートン・ハルケットだろうと思っている。

「彼の声を聞いてご覧よ、話しているときと歌っているときの。僕は、彼だとかなりの度合いで確信しているよ」ハルケットと一緒に仕事をしたことのあるEspen Lindはそう言っている。

歌手の Ina Wroldsen は、複数の『Masked Singer』のスレッドをみて確信したという。

「ええ、バイキングはモートンでしょう」


やっと出てきましたね、Sondre Lerche からの回答。しかしすごいですね、「母の声を間違えないのと同じようにモートンの声を間違えるわけがない」ってことですからね。私は同僚というのならぜひ、他の二人に聞いて見て欲しいんですが。マグスなら、真相には迫らずに、かつ面白く答えてくれそうな気がするんですよね。マネージャーの時点でお断りされちゃってるのかもしれませんが。

投稿者

Tomoko

1985年7月4日、期末試験の直前で部活が休みだった日に、たまたまみたテレビ神奈川の「ミュートマ」で『Take On Me』を見てモートンに落ち、8月25日にアルバム発売というので誕生日プレゼントにしてもらって、モートンの声の多才さに感動。その後、タイトルを最後に言うタイプのラジオで「この声綺麗」だと思ったら「I've been losing you」で、これまたモートンだったことから、自分にとって最高の声だと確信。2010年の解散に伴い、翌年からノルウェー語を勉強しはじめ、現在はMCは聞き取れるようになりました。