ahalive.comさんのツイートから。

二週連続1位をキープしていた『Brother』ですが、今週は残念ながら1位から転落、2位になってしまったようです。
1位になった、Jarle Bernehoftはwikipediaによると「ノルウェーのレトロソウルミュージシャン」だそうです。
それだけでは解らないので、どんなアルバムか調べてみました。
興味がある人はここで試聴できます。

3週目で「2位」というのは、今までのモートンのアルバムとしてはどうなんだろうということで調べてみました。

Wild Seed :
5週連続1位のあと、12週連続トップテン入り。(合計17週トップテン入り)参考:http://lista.vg.no/artist/morten-harket/album/wild-seed/4330

Vogts villa :
 21位、21位、37位、38位

Letter from Egypt :
2週連続1位。その後、6位、8位、9位とつづいてトップ10圏外。
 参考:http://lista.vg.no/artist/morten-harket/album/letter-from-egypt/10415

Out Of My Hands :
 初登場2位で、2週目に1位、3週目で6位。その後トップ10圏外。
 参考:http://lista.vg.no/artist/morten-harket/album/out-of-my-hands/12550

『Out of my hands』は『Letter From Egypt』より聞きやすいかなと思っていたのですが、ノルウェーでは『Letter From Egypt』のほうが良かったようですね。『Brother』は、今のところ好調のようです。

投稿者

Tomoko

1985年7月4日、期末試験の直前で部活が休みだった日に、たまたまみたテレビ神奈川の「ミュートマ」で『Take On Me』を見てモートンに落ち、8月25日にアルバム発売というので誕生日プレゼントにしてもらって、モートンの声の多才さに感動。その後、タイトルを最後に言うタイプのラジオで「この声綺麗」だと思ったら「I've been losing you」で、これまたモートンだったことから、自分にとって最高の声だと確信。2010年の解散に伴い、翌年からノルウェー語を勉強しはじめ、現在はMCは聞き取れるようになりました。