NRKのサイトでもアーカイブ公開されました。
youtubeでは切られているモートンの紹介シーンも見ることができます。

モートンの消化は15:58頃から始まります。
以下、NRKのアーカイブ説明にあるテキスト(一部順番が前後してたけど)と、聞き取ったものを訳しました。
聞き取れず概要になっている箇所もありますがご容赦ください。

http://tv.nrk.no/serie/spellemannprisen/muhu07005114/18-01-2014#del=2

ちなみに、この動画の公開期間は2月19日(水)16:10(現地時間)までとのこと。

—-
ここで一端、次の曲のためにドラムセットや楽器を変更する時間を取ります。

なぜなら、これから美しいソロアーティスト、そう1985年に年間スペルマン賞を受賞した彼が登場するからです。
彼はそれから13個のトロフィーを受賞し、そのうち多くをa-haとしてポールやマグネと一緒に受賞しました。
しかし、モートン・ハルケットは、まだ音楽に対して、まだ音楽に飽きるには至っていません。
彼にとっては忙しい年になりますが、今晩は来たるべき次のアルバムのワールドプレミアとして、新曲を初披露します。
曲名は『Brother』。

用意はいいですか?
モートン・ハルケット

投稿者

Tomoko

1985年7月4日、期末試験の直前で部活が休みだった日に、たまたまみたテレビ神奈川の「ミュートマ」で『Take On Me』を見てモートンに落ち、8月25日にアルバム発売というので誕生日プレゼントにしてもらって、モートンの声の多才さに感動。その後、タイトルを最後に言うタイプのラジオで「この声綺麗」だと思ったら「I've been losing you」で、これまたモートンだったことから、自分にとって最高の声だと確信。2010年の解散に伴い、翌年からノルウェー語を勉強しはじめ、現在はMCは聞き取れるようになりました。