残念ながら、有料記事でかつ「ノルウェー国内の電話番号」が必要なのでフルでは読めないのですが、Morten Harketで検索したところ、こんな記事があがっていました。

ーモートン・ハルケットと一緒に働くのはサイコーだ。僕の歌い方は彼みたいだという人もいる

モートンは素晴らしい。エドワードのメンターはa-haのボーカル、モートン・ハルケットだ。

『モートン・ハルケットと一緒に働くのはサイコーだ。僕の歌い方は彼みたいだという人もいるけど、僕はそんなことはないって言うんだ。』

-彼はどの曲を歌うか検討するのに、アドバイスをくれますか?


ああ、続きが気になる。誰か続きを教えて(笑)

こう聞くと、彼の歌い方ってどうだっけって思いますよね。

https://www.tv2.no/v/1413643/ (ブラインドオーディションのときの映像)

確かに、モートンみたいという人がいるのがうなずける声ですね。透明感と優しさがあるというか。

今、ちょっと見つからなくなってしまったのですが、少し前にどこかで見た予告では次回、このエドワードが対決にあがる予定だったはず。(それとも夢だったんだろうか)
どちらにせよ、楽しみです。

投稿者

Tomoko

1985年7月4日、期末試験の直前で部活が休みだった日に、たまたまみたテレビ神奈川の「ミュートマ」で『Take On Me』を見てモートンに落ち、8月25日にアルバム発売というので誕生日プレゼントにしてもらって、モートンの声の多才さに感動。その後、タイトルを最後に言うタイプのラジオで「この声綺麗」だと思ったら「I've been losing you」で、これまたモートンだったことから、自分にとって最高の声だと確信。2010年の解散に伴い、翌年からノルウェー語を勉強しはじめ、現在はMCは聞き取れるようになりました。