今回のヒントは、歌の中に隠れているとのことです。このフレーズ、何度聞いたことか…。そう、『Take On Me』ですね。今回、バイキングはなんと、『Take On Me』を歌いました。

私が気になったのは、まさにTwitterで告知のあった箇所のすぐ後のところ。(その歌詞部分から再生します)

歌詞にない、「and」(えんって聞こえるけど多分、and)を入れていることで、ここだけ「sorry and」となってるんですね。これは、どうやらアコースティックバージョンでのモートンの癖で

ここでも入っています。しかし、アコースティックではないライブバージョンとなると、

この通り、入っていないのです。よほどのモノマネ芸人でもない限り、このアコースティックバージョンでのみの癖まで再現するでしょうか。しませんよね。

個人的にツボったのは、歌の最後、「どやぁ」って感じで上下にはねてるところですね。やってやったという感じでしょうか。今回、残念ながらリアタイできなかったので、前後のヒントのところを理解してないんですが、見られたら追記するかもしれません。最後に頭出しなしで、冒頭から見られるように置いておきます。

投稿者

Tomoko

1985年7月4日、期末試験の直前で部活が休みだった日に、たまたまみたテレビ神奈川の「ミュートマ」で『Take On Me』を見てモートンに落ち、8月25日にアルバム発売というので誕生日プレゼントにしてもらって、モートンの声の多才さに感動。その後、タイトルを最後に言うタイプのラジオで「この声綺麗」だと思ったら「I've been losing you」で、これまたモートンだったことから、自分にとって最高の声だと確信。2010年の解散に伴い、翌年からノルウェー語を勉強しはじめ、現在はMCは聞き取れるようになりました。