先日、自分の別ブログで「さよなら、木星獅子座」というエントリーを書いて思い出したのですが、獅子座から木星が抜けるということは、木星は乙女座に入るということで、もれなく乙女座の人が忙しくなったりするということで、気がつけばモートンはもちろん、ポールも何よりバンドそのものも乙女座じゃないかということで、公式で結成されたとしている1982年9月14日を誕生日として、9月4日(アルバム発売日)の星回りをうらなってみました。

念のため最初に書きますが、私はちょっとだけ勉強した素人ですので、あくまでネタとしてお楽しみください。

まずはa-haそのもの。
もって生まれた性質と見た目は、「先進的な技術で成功する」「他人と違う考え方をもっていて、干渉されるのが嫌い」「チャレンジャー」。
そして、ルックスはセクシー系。
芸術的センスがある反面、生活については方針がぶれやすい。
海外に喜びを見いだすタイプで、一度失ったものにもう一度スポットライトをあてやすい。
仕事に関しては金銭で困ることはなく、また異性関係が派手になりやすい感じ。
ルックスが良くてビジュアルで売れる、かつ、仕事にやりがいを感じるタイプ。
「この世に存在しないような雰囲気」も仕事の売りに。
副業があるほうが上手くいく。良いアドバイスをくれる友人に恵まれる。
大企業に縁があり、自分に自信が持てる
マスコミ受けする。

今の星回りでこれがどうなっているかというと、今は方向性に悩む時期であると同時に、感情的になりやすい時期のようで、人間関係は「距離を大事に」したほうが上手くいくようです。
そして、なんと、a-haを結成したときと同じく、現在は失われたものにスポットライトをあてやすい時期ということで、復活もなるほどという感じ。「言葉に出来ないものを言葉にする」才能に恵まれている時期でもあるようです。(結成時と同じ)
ポールが、今回の復活を「ナースネスのときを思い出した」というのもある意味うなずける星回りです。
仕事以外のところでは、計画的に動いたり、無駄を省いたりする時期で、かつ、やる気に波が出やすいようです。
そして、芸術方面で力を発揮できる時期とも。

まとめると、今はa-haの活動をするのにもってこいの流れだけれど、あまりベッタリだとまた喧嘩になりやすいという感じでしょうか(苦笑)

しかし、改めてチャートをみると「この世に存在しない感じ」で売れるといえば、やっぱり「Take On Me」のPVですよね。
コミックから出てくるんだから。
先進的な技術というのも、TOMのPVを彷彿します。
副業があるほうが上手くいくっていうのも、モートンにせよポールにせよ、マグネにせよ、それぞれ活動してるほうが上手くいきそうですし、納得です。

そして、もう一つ面白かったのは、今はa-haは30歳ということで、「太陽」の年齢だそうですよ。そして、a-haの太陽といえば「乙女座」。乙女座と言えば、冒頭にもあるように、今、木星があって、様々なことが拡大しやすい星座。
仕事を表す場所に太陽(乙女座)があるだけでも、ワーカーホリックになりやすそうなのに、年齢的にその年齢でかつ、そこの活動量が拡大(木星)するわけだから……まさに「復活すべくして」復活したという感じですね。
そこに加えて、サヴィアンシンボルという惑星の位置に一言詩がついてるようなものがあるのですが、「高価な宝石に彩られた王家の紋章」だったんです。思わず、「それって聖オラフ勲章のこと?」とつっこんでしまいましたよ。
この「太陽の年齢」は26歳から35歳までだそうで、a-ha26歳といえば、解散した翌年2011年ですから、まさに「王家の紋章」の年に王家から勲章を貰ったことになります。
すごいな、a-ha。

そうそう、モートンについても占ってみましたよ。今は「集中力が発揮しやすい」時期だそうです。
やたらあちこちに集中力って出てたので(笑)、a-haのメンバーとしては良い感じですね。

投稿者

Tomoko

1985年7月4日、期末試験の直前で部活が休みだった日に、たまたまみたテレビ神奈川の「ミュートマ」で『Take On Me』を見てモートンに落ち、8月25日にアルバム発売というので誕生日プレゼントにしてもらって、モートンの声の多才さに感動。その後、タイトルを最後に言うタイプのラジオで「この声綺麗」だと思ったら「I've been losing you」で、これまたモートンだったことから、自分にとって最高の声だと確信。2010年の解散に伴い、翌年からノルウェー語を勉強しはじめ、現在はMCは聞き取れるようになりました。