7月3日にネット配信でリリースされた新曲『Under The Makeup』のカバーが、他のミュージシャンのカバーに酷似していたとして、差し替えられました。
この件について、VGが記事にしています。

a-ha:カムバック前哨戦でヘマ

先週、a-haの復活シングルがリリースされた。
だが、今は装いを新たにしてリリース中だ。

6月30日、VGはa-haの新曲のレビューを掲載したが、それに遅れること3日、『Under The Makeup』が一般聴衆にもお目見えした。
すると複数の人から、このa-haのシングルカバーがイタリア人アーティスト
Victorの昨年でたばかりの『I’m A Renegade』とそっくりだという指摘がされた。

「まあ!」VictorのマネージャーであるFederica Ceppaはa-haのこのカバーを初めて見たとき、思わずそう口にした。
「面白いアイディアだわ。原則として、真似されるのは良いニュースだと思うけど、それは場合によるわね。最終的には、私はVictorのレコード会社に、この件について静観するように言ったの。」

ノルウェーのポップトリオは、ただちにカバーを変更した

「そう、私たちはカバーを変更することに同意したんだ」
coverdouble

ファンが教えてくれた

彼は、このカバーの元を作ったのはアメリカの会社であり、
全くのオリジナルではないということ、また、このアメリカの
会社は以前にも複数のa-haのレコードカバーを作ったことがあると
話した。

「ファンが、カバーが発表になったその日のうちに私たちに報せてくれたんだ。
それまで、私もバンドもこの件について全く知らなかったんだ」

Wiikは、カバーについては既に新しいものに置き換えるよう働きかけているが、
曲が配信されている全てのシステムにおいて、新しいカバーに置き換わるのには時間がかかるという。

「不幸中の幸いなのは、このシングルがネット上だけのリリースだったっということだ。
おかげで、差し替えはそんなに難しくなく済んでいる」

それでも差し替えにはやはり時間がかかる。
VGが水曜の晩にチェックしたところでは、Spotify、Apple Music, Wimpのカバーは
まだ古いままだった。

このカバーを作った会社の下調べが不十分だったのではないですか?

「いいや、そうとは言い切れない。
発売済の全てのカバーを確認をすることは不可能だ。
変更前の石の形は、多くの人に利用されているもので、法には適している。
だから権利的には問題ないが、カバーがあまりにも似すぎていることは、少し、配慮が足りないね」

ahacoverNYTT

-ちょっとした事故

このイタリア人アーティストのVictorは、Andrea Bocelliも所属するレコード会社Sugar Musicに所属している。

Wiikは、このイタリアのレコード会社からは何も聞いていないという。

「いいや、あちらからのコンタクトは全くない。しかし、この形を使われることについて、
彼らがその権利を、ただ黙ってみているというわけではない」
Wiikはそう話す。

a-haのマネージャーは更に続け、彼らはこの失敗が平凡なものだとは考えてないと語った

「僕は、この件については、ちょっとした事故と呼びたい。
失敗ではあるが、許されないほどの失敗ではない。我々はこの件について、誰のことも責めないが、この間違いが正されたことはうれしく思う。」

a-haが、2年間の再結成を認めたのは3月のことだ。
そのニュースの翌週には、世界ツアーに加え、新アルバムのリリース予定が発表された。

投稿者

Tomoko

1985年7月4日、期末試験の直前で部活が休みだった日に、たまたまみたテレビ神奈川の「ミュートマ」で『Take On Me』を見てモートンに落ち、8月25日にアルバム発売というので誕生日プレゼントにしてもらって、モートンの声の多才さに感動。その後、タイトルを最後に言うタイプのラジオで「この声綺麗」だと思ったら「I've been losing you」で、これまたモートンだったことから、自分にとって最高の声だと確信。2010年の解散に伴い、翌年からノルウェー語を勉強しはじめ、現在はMCは聞き取れるようになりました。