12月末のニュースで少し遅れてしまいましたが…
昨年11月に『Hunting High and Low エクスパンデッドバージョン』を来日記念盤としてリリースしたa-haですが、来日記念盤の第二弾として、2月26日に『 GREATEST HITS-JAPANESE SINGLE COLLECTION- / グレイテスト・ヒッツ-ジャパニーズ・シングル・コレクション- 』をリリースすることが発表になりました。

https://wmg.jp/a-ha/discography/22199/

ワーナー時代にリリースされたシングルコレクションと言うことで『Analogue』『Foot of The Mountain』『Cast In Steel』からのシングルは含まれませんが、ミュージックビデオ集には、2010年の解散前最後の曲だった『 Butterfly, Butterfly (The Last Hurrah)』や、a-haのメンバーが全員カッコイイ『 Did Anyone Approach You? 』、そして90年代初期の超絶イケメンモードのモートンが見られる『Angel In The Snow』を始めとする、『Headlines and Deadlines of a-ha』以来の日本初DVD化のミュージッククリップが含まれているのだから、非常に贅沢です。

Tower Record
HMV
amazon

これだけ揃って3000円未満なのは、あまりにもお得感満載だと個人的には思います。これ、何が大事って「来日記念盤」ということで、日本盤だということです。ここ最近、a-haのユニバーサルでのCDは日本盤は出ていませんし、日本盤ということは歌詞の日本語訳もつくということですから、本当にありがたいですよね。

投稿者

Tomoko

1985年7月4日、期末試験の直前で部活が休みだった日に、たまたまみたテレビ神奈川の「ミュートマ」で『Take On Me』を見てモートンに落ち、8月25日にアルバム発売というので誕生日プレゼントにしてもらって、モートンの声の多才さに感動。その後、タイトルを最後に言うタイプのラジオで「この声綺麗」だと思ったら「I've been losing you」で、これまたモートンだったことから、自分にとって最高の声だと確信。2010年の解散に伴い、翌年からノルウェー語を勉強しはじめ、現在はMCは聞き取れるようになりました。