あけましておめでとうございます。今年はついに来日、そしてa-ha The Movieの公開ですね。今年もよろしくお願いします。

さて、今年11月にオスロでワールドプレミアが開かれる、a-haの映画「a-ha the Movie」。日本では上映してくれるのか、どうにかして見ることが出来たら良いのに…でも、ノルウェーは遠いし…と思う人も多いかと思います。

そんな「日本でa-ha the Movieが見たい人」に朗報。「a-ha The Movie」の監督、トーマス・ロブサーム氏が、Blue-rayなどのグッズを含むクラウドファンディングを実施中です。実はこのプロジェクトは去年からあったのですが、ご紹介するのには、自分が試してからと思っていたのでサイトでの紹介が遅くなりました。

https://www.kickstarter.com/projects/a-ha-themovie/a-ha-the-movie

クラウドファンディングは英語なのですがいくつかパターンがあります。「リワードなしブレッジ(グッズもチケットもなし。応援寄付)」「オスロでのプレミアチケット+グッズ」「グッズのみ(オスロでの受け取り)」「チケットのみ」「第二回上映チケット」そして、「a-ha The Movie -at home」です。「a-ha The Movie product only」はノルウェーで受け取れる人限定ですので、日本に郵送して欲しい人は「a-ha The Movie at Home」を選ぶ必要があります。私もこれです。(当日行けなかった可能性を考えて)

含まれるものは、映画のブルーレイ、サウンドトラックのアナログ盤とCD.写真。そして本。かなり嬉しい内容です。

上記では12000円ほどとなっていますが、送料が別に3000クローネほどかかり、今日振り込んだ時点では日本円で18000円ちょっと(18370円だったかも)となっていました。実際の決済は、このクラウドファンディングが成立した場合にのみ、1月26日(締め切り日)に決済されるそうです。(サイトより)

支払いはクレジットカードおよびデビッドカードが使えますが、カードが有効かどうか少額決済を送る方法をとっているため、少額決済(0円や1円など)のおためしデータ決済を拒否しているカードは使えません。具体的には、三井住友銀行のVISAデビッドは使えません。auウォレットも使えません。銀行振り込みはドイツのみ可能ということで、私はこのためにジャパンネット銀行のVISAデビッドカードを作りました。こちらは無事できました。

前述した通り、このグッズを手に入れるためには、クラウドファンディングが成功する必要があり、手に入れることが出来るのは、「リワードなし」以外のブレッジをした人のみです。成功したら売り出すからそしたら買おうということは出来ません。要するに、金額が達した場合にのみ行われる注文した人だけの限定発売です。あとでamazonで購入できるかもしれませんが、恐らくとんでもない値段になるでしょう。

参考までに完全限定生産だった岡村靖幸の『岡村ちゃん百科』は現在amazonでは3万円台です。購入時は1万円台だったはずですが。

最大の問題は、現時点で目標金額に全く達していないこと。このままだと幻となってしまうので、どんな形でも入手不可能となります。

ちなみに送付先住所については、ヘルプを読む限り、成功した場合に通知が来て、そこに記載して送ることになるそうです。なお、成功した場合の発送は11月です。

最後に、私はロブサーム氏とは知り合いでもなんでもないので、金額その他全てについて、トラブル対応できません。参加される方は自己責任でお願いします。

投稿者

Tomoko

1985年7月4日、期末試験の直前で部活が休みだった日に、たまたまみたテレビ神奈川の「ミュートマ」で『Take On Me』を見てモートンに落ち、8月25日にアルバム発売というので誕生日プレゼントにしてもらって、モートンの声の多才さに感動。その後、タイトルを最後に言うタイプのラジオで「この声綺麗」だと思ったら「I've been losing you」で、これまたモートンだったことから、自分にとって最高の声だと確信。2010年の解散に伴い、翌年からノルウェー語を勉強しはじめ、現在はMCは聞き取れるようになりました。