今年のMGP(ユーロビジョンの前哨戦)は、Håvard Rem氏の息子Simen RemがHank Von Hellのバンドメンバーとして参加し、更に、番組企画として毎年やっているらしいAleksander Rybak(『Yohan 』のモートンの息子役)がその曲にのせてバイオリン演奏という楽しいのもありましたが、

「本戦」である、ユーロビジョンの批評で、VGがロシアの参加者に対してモートンを基準にする批評を載せました。

ロシア
Sergej Lazarev – «Scream»
ロシアは、演出においても友人でありよく知る隣人からの雰囲気作りにおいても、良い意味で度肝を抜かれた。鏡を使った演出も、シャワーを使った演出もよかった。そして、そこにいるボーカリストの彼も。しかし、深刻なのは:この暴力的で無意味なバラードにおいて、ボーカリストはロングトーンを良く維持していたが、そうはいっても、モートン・ハルケットの『The Sun Always Shines on TV』における『meeee』の1/3程度だ(そう意識せずとも思い出さざるを得なかった)。勿論、セミファイナルやファイナルでの高音に向かう箇所においてもだ。

ということで、実際に見てみましょう。

確かに……。伸ばすところでは、どうしても期待して「あれ?」となりがち…。それは私がモートンファンだからですが、もしかして、ノルウェーの人はモートンのせいで「ロングトーン」「綺麗なハイトーン」に対して厳しいんじゃという疑惑が。モートン天才だからね。RAHでの『Meeee』は13秒、ある意味、比べたらかわいそうという気もします。

個人的には、あの鏡を使った演出で、Queenっていうかフレディ・マーキュリーを彷彿したんですけども。衣装だって上下白だし…まあ、鏡の向こうでこっちに手を置いてるところは『Take On Me』も彷彿しましたが…。

小ネタのはずが、思わず長くなってしまいました(笑)

カテゴリー: 雑談

Misaki_Tomo

2011年からノルウェー語をはじめ、現在、中上級(B1-B2)レベルを勉強中。今は新聞やインタビューは読めて、モートンのMCくらいならわかります。現在、文法と作文の能力強化中。ゆっくり話してくれたら理解できるレベル。Håvard Rem氏から彼の本や歌詞の日本語訳を許可を得てやっています。 いつか出版できるといいな。 2015年から日本・ノルウェー協会に参加。

0件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。