先日のことですが、2014年のモートンライブのセットリストのうち、『Shooting Star』はどのアルバムに含まれているかという質問がありました。『Letter From Egypt』のはずが入っていないということで、再度調べました。

結論から言いますと『Shooting Star』は、間違いなく『Letter From Egypt』の曲です。ただし、インターナショナル盤(日本に来るいわゆる輸入盤)では、『Shooting Star』の代わりに『Slanted Floor』が入っており、ノルウェーリリース盤だけ『Shooting Star』が入っているということになります。

手に入れる方法としては、以前はiTunesで購入できたのですが、先日検索したところ、iTunesにLetter From Egyptは(インターナショナル盤含め)ありませんでした。ただ、その時はHMVでも品切れになっていたのですが、今はあるので、もしかしたら、そのうち(少なくともインターナショナル盤は)出てくる可能性はあります。

ノルウェーのレコード店といえば、PlateskampanietとCDONですが、どちらも海外への輸送はしていないので、購入する場合は、Ebayを始めとするオークションサイトで、ノルウェー盤かどうかを確認して購入することになるかと思います。

どちらも良い曲なので、いっそ、両方入れておけばよかったのにと思います。

それにしても、モートン、Liveで「アルバムに収録しなかった」曲を敢えてやるの、好きなんですかね。インターナショナル盤に収録されたSlanted Floorのライブは見つかりませんが、同じ2014年のライブでは、『Did I leave you behind』もアルバムには入ってないけど(ノルウェーではデジタル配信済み)、演奏。

更に『Wild Seed』の日本盤にのみ収録された『Change is gonna come』もライブでやっていたようです。

『Change is gonna come』という曲は素晴らしい曲なんだよと紹介して演奏

このライブ、チケットは購入したものの、娘の学校の都合で急遽行けなくなってしまったので、動画を見る度に行きたかったなと思います。2012年はa-ha曲が多かったので…。(勿論ソロもありましたけども)

投稿者

Tomoko

1985年7月4日、期末試験の直前で部活が休みだった日に、たまたまみたテレビ神奈川の「ミュートマ」で『Take On Me』を見てモートンに落ち、8月25日にアルバム発売というので誕生日プレゼントにしてもらって、モートンの声の多才さに感動。その後、タイトルを最後に言うタイプのラジオで「この声綺麗」だと思ったら「I've been losing you」で、これまたモートンだったことから、自分にとって最高の声だと確信。2010年の解散に伴い、翌年からノルウェー語を勉強しはじめ、現在はMCは聞き取れるようになりました。