Vogts villa-Jeg kjenner ingen fremtid

Jeg kjenner ingen fremtidの歌詞訳に挑戦しました
例によって、もっといい訳ができれば修正します。

そうそう、Remさんの元となる詩では、最後の部分が若干違っていました
その部分については、後ほど。

Jeg kjenner ingen fremtid

どんな未来も僕は知らない
僕の道は次の一歩
一歩一歩が旅路となる
一瞬一瞬が僕のもの

どんな過去も僕は知らない
過去に得たすべてのものを捨てるとき、僕は足に絡みつく残骸に震える

僕が明日からの日々に抱く思考や不安は、僕に新たな挫折を期待する
僕が流した涙の理由は、かつての疑問が新たな疑問となって、
決して答えをえることができないから

僕たちは時間にとらわれ
年に支配される
けれど、僕たちの王国は過ぎゆく時に隠されてしまう

一日があっという間に過ぎ、僕たちのものではなくなる時
一秒はやがて一年の長さへとなっていく

僕の未来は思考
過去はただの言葉
けれど、僕はこの瞬間に生きている

The following two tabs change content below.

Misaki_Tomo

2011年からノルウェー語をはじめ、現在、中上級(B1-B2)レベルを勉強中。今は新聞やインタビューは読めて、モートンのMCくらいならわかります。現在、文法と作文の能力強化中。ゆっくり話してくれたら理解できるレベル。Håvard Rem氏から彼の本や歌詞の日本語訳を許可を得てやっています。 いつか出版できるといいな。 2015年から日本・ノルウェー協会に参加。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください