多分、ブラインドオーディションは今回か、来週で終了のはずですね。さすがに、人数制限があることから、審査が厳しめになってきた気がします.今回は、モートンが振り返ったのは4人、うちモートンのみが振り返ったのは一人です。

君の声が好きだよ

モートンチーム確定:ハンナ

モートン:やあ、君の名前は?

ハンナ:ハンナ

モートン:僕は君の声が好きだよ、

ハンナ:ありがとう

モートン:僕は好きだよ、君の響きも

ハンナ:照れ

モートン:曲の強さもね

ハンナ:照れ

ヨセフ:やあ、君の名前は?

ハンナ:ハンナ

モートン:それ、僕がもう聞いたよ?

ヨセフ:僕は君の声が好きだよ、…

(レネ爆笑)

レネ:あなたの歌が効いたから、モートンは振り返ったのよ、次回戦進出おめでとう!!!

まさかここでヨセフによるモートンのモノマネが出るとは思わなかった(笑)いやあ、モートン口説いてるのかと思いましたよ。僕は君の声が好きだよとか言われたら、想像するだけもう…。いやいや、あなたの声のほうが最高ですよって言いたくなると思う。ハンナには、よく耐えた!と言いたい。(気絶しないでという意味で。まあ、年が若いからそれはないだろうけど

ところで、モートンとレネって割と選ぶ人が被ること多い気がします。声量があって情感のあるタイプというか…。モートンの場合はそれにプラスして、甘い声とハイトーンが綺麗であることがプラスされる気はしますが。ハンナはマーティンもノリノリだし、レネも一瞬押すかなとおもましたが、結果はモートンだけでしたね。ヨセフはあと1分あったら押したかも?

モートンとレネ絶賛

というわけで、そのレネとモートン二人ともが押したのがアンナ

レネとモートン絶賛

レネ「ハロー、あなた名前は」

アンナ「アンナ」

レネ「 こんにちは、あなたは信じられないくらい素晴らしかったわよ あなたの声には特色があるわ。中から絞り出すように歌うずっと歌っていたら…(聞き取れず)でもちゃんと出来ていたわ。」

モートン「僕も完全に同意するよ」

レネ「 つまり…信じられないくらい良いってことよ 」

アンナ「本当にありがとうございます」

モートン「 レネは強さは不十分といっていたけれども(すみません、ここ自信ないです)、僕はよかったと思うしぜひ君と一緒にやっていきたいと思うよ、君さえよければね。君をひっぱってあげたいと、君を最も認めてるのはレネだけども。 」

アンナ「そんな風に評価してくれてありがとうございます」

レネ「 あなたの声の響きはよかったし、私たちはそれを活かせることを示したいと思ってるわ、これからの曲でね 」

レネ絶賛してますね。モートンも完全同意と言っています。どちらを選んだかは現時点では不明です。わかったら追記します。
a-ha live.comさんによると、この彼女はモートンチームにはいないようです。なのでレネですね。(2019/2/4追記)

歌うま総合格闘技選手

そして、こちらもレネとモートンが振り返り、最後の最後にマーティンも振り返ったパターン。今回ヨセフは厳しめ…?

なぜか、ボタンを押してないヨセフが一番喋るパターン。どこ出身とか。家族が総出で来てるね、とか。検索したら、MMAの文字が。なんだろう、グループ?と思ったら、なんと「総合格闘技」のことだそうです。彼はツイッターもやってますね。ツイッターみたらボクサーの格好してて驚きました。モートンのコメントは「君は次回戦へ進むべきだと思った」とかでした。シンプル……。

なぜか一番喋ったヨセフ、今回は厳しめでして。全員振り返った人(後述)以外では、Oliverのみでした。マーティンはOliverとMargotでも振り返っていますが…。人数制限何人か忘れましたが、人数制限のせいで厳しめになりつつあるのかも。Dilanも、誰を選んだかまだ不明なので、わかったら追記します。

全員振り返る(モートン以外スタンディングオベーション)

ラスト。今回、唯一4人全員が振り返ったのが彼女。アメリカから来ているそうで、みんな英語で話しています。モートンの英語、なんかノルウェー語っぽい雰囲気で一瞬悩みました。使ってる単語のせいなんですけどね。 a-ha live.comによると、彼女のメンターはモートンになったようです(2019/2/4追記)

おまけ

https://www.instagram.com/stories/thevoicenorge/

本日限りだと思いますが、また番組が広告的な感じでストーリーを入れてくれてます。
マーティン「こんにちは、みんな!今日のThe Voiceを見る準備は出来てるかな?」
レネ「今日、もうすぐ!ブラインドオーディションの新しいエピソードがTV2で」
マーティン「8時?ヨセフ、8時??」
ヨセフ「The Voice Norges best stemme ,僕たちは君を待ってるよ」
モートン「(にっこり)Bye」

ヨセフの「君(deg:ダイ)」にあわせて「Bye(バイ)」って韻を踏んでるのはもしかしてわざと…?


カテゴリー: ニュース

Misaki_Tomo

2011年からノルウェー語をはじめ、現在、中上級(B1-B2)レベルを勉強中。今は新聞やインタビューは読めて、モートンのMCくらいならわかります。現在、文法と作文の能力強化中。ゆっくり話してくれたら理解できるレベル。Håvard Rem氏から彼の本や歌詞の日本語訳を許可を得てやっています。 いつか出版できるといいな。 2015年から日本・ノルウェー協会に参加。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください