曲の最後の瞬間にモートンが振り返って思わず拝んでしまったエリアス、彼の登板前のインタビューを見つけました。

「参加できるという電話を貰ったとき、僕はテレビデビューは箱の中…つまり、ダメだったと思ったんだ」、Os(ベルゲンと同じ県に属する町)から来た18歳の少年はそう笑った。
エリアスがこの番組の出演チケットを得るまで、オスロとForenebuの収録スタジオまでの距離は遠かった。実際、彼は3度の山を越えている。

「インタビューがあって、プロデューサと話をして、それから歌のテストとその他諸々。2000人もの参加者がいて、プロデューサーに会うまでに90人に絞られるんだ。」
エリアスは語った。

歌への興味

彼は、歌に重点を置くようになってから長い。全ては9歳のとき、ギターを習い始めたことから始まったが、その2年後には彼の最も興味のあるものは歌に変わった。

「テレビのディズニーシリーズで、Jonas Brothersを大好きになったのを覚えてるよ。僕は彼らの曲全部を、朝も夜も練習しまくったんだ」エリアスは笑って話す。

UKM(才能のある若者を各コミュニティから集めてイベントをやる団体)で、ここOsでのHavfesttoGreaseに参加してから、二年前にはKongshaug Musikkgymnasに申請した。秋には3年目、最後の年を迎える。(調べました。音楽の専門学校です)

「Kongshaugはユニークだよ、学ぶ場所としても社会的にも。とても一つのことに特化していて、自分の音楽の限界を広げることが出来るんだ」

ー沢山の居並ぶ人達の中に登場するにあたって、君の歌手としての強みは何?

「僕はテノールで音階の幅が広い。僕に言えるのは、どんな異なるタイプのジャンルでも歌えるってこと」

審査員がきっかけ

まさに、そのボーカルにフォーカスしたことが、エリアスを『The Voice』へと導いたのだ。そして、もうひとつ、今年、審査員としてデビューした一人の有名なアーティストもきっかけだ。

「モートン・ハルケットが審査員になるって見て、やろうと思ったんだ. 『モートンのために歌うって考えるんだ』って、自分と自分の中の仲間に言ったんだ。
僕の仲間のMatias Nygårdも僕を後押ししてくれた。それからすぐ、僕は申し込んだんだ」

ーもう、ハルケットに向かって歌ったと思うけど、どうでした?

「大きかった。彼は素晴らしい人だったよ。他の審査員もね。彼らはみな、とても良い人達だった、これ以上は言えないけど」彼は秘密めいた笑みをした。

良いコンセプト

ここだけの話はできないが、火曜日になれば、審査員の誰がどんな話をしたかわかるだろう。

「これ以上は言えないんだよ、でも言えるのは、僕はノルウェー語の歌を歌ったってことかな。それで、少し褒めて貰ったよ」

ー上手くいきましたか?

「へへ、面白かったよ」

ー『Voice』のコンセプトは好きですか?

「ボーカルの表現力にフォーカスするのは良いと思う。Idol(という番組が別にあります)は、もっと他の態度とか、外見とかも求められるしね。」

ーThe Voiceの結果にかかわらず、これからも音楽をやっていきたですか
「僕はもう、Kongshautgの最終年になるけど、でも、うん、これからも歌でやっていきたいと思ってるよ。だから、それがどんな形であってもね」

<<ここまで>>

これを読むと、あの最後の瞬間、モートンが振り向いてくれて本当に良かったねと思いますね
そんな彼ですが、その瞬間のモートンの写真をインスタに載せてます。

View this post on Instagram

I siste sekund 😂❤️😍 #sykestesomharskjedd

A post shared by Elias Salbu (@eliassalbu) on

(彼のコメント訳)
最後の一瞬!!

この笑顔、いいですね、モートン!!


Misaki_Tomo

2011年からノルウェー語をはじめ、現在、中上級(B1-B2)レベルを勉強中。今は新聞やインタビューは読めて、モートンのMCくらいならわかります。現在、文法と作文の能力強化中。ゆっくり話してくれたら理解できるレベル。Håvard Rem氏から彼の本や歌詞の日本語訳を許可を得てやっています。 いつか出版できるといいな。 2015年から日本・ノルウェー協会に参加。

1件のコメント

『The Voice』:今度のチーム・モートンメンバーは、Melodi Grand Prixフィナーレメンバー – With you – With me (Morten Harket.jp) · 2017年9月7日 11:56 PM

[…] ちょっ。話になってない(笑) Elias君と同じくらい、可愛いぞ。 […]

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。