すっかり、更新したと思っていました。チーム・ヨセフ、モートンの姪を含む対決がありました。(気づくと下書きのままだったりするのがあって大変(笑))

審査員からは3人ともとてもよかった、お互いのタイプは違うが、一緒に歌うことで互いのエネルギーがぶつかりあって(by Martin)、良い物になったと評価されています。
ヨセフは、カミーナには「とても自然でよかった」、レネには「今回の曲はかなりの挑戦だったと思うが、とてもよく出来ていた」と絶賛。
Ragnhild(モートンの姪)には、色々課題を言っています。そして結果は、「僕は君をもっと鍛えたい(要約)」ということで、Ragnhildを選びました。
歌い終わりのところでは、ヨセフの「Ragnhild、君は面白いね」と言われてモートンが「Ragnhild Harket?」と突っ込むシーンもあり、なかなか楽しいです。

というわけで、モートンの姪も次のノックアウト戦に進出になりました。

一つ言いたいのは、ヨセフ…早口すぎ。聞き取るの大変。ノリノリだけど(笑)

投稿者

Tomoko

1985年7月4日、期末試験の直前で部活が休みだった日に、たまたまみたテレビ神奈川の「ミュートマ」で『Take On Me』を見てモートンに落ち、8月25日にアルバム発売というので誕生日プレゼントにしてもらって、モートンの声の多才さに感動。その後、タイトルを最後に言うタイプのラジオで「この声綺麗」だと思ったら「I've been losing you」で、これまたモートンだったことから、自分にとって最高の声だと確信。2010年の解散に伴い、翌年からノルウェー語を勉強しはじめ、現在はMCは聞き取れるようになりました。