基本、ファンによる撮影・録音禁止のGiskeでのツアーですが、公式および関係者により、いくつかの写真が掲載されています。
Alison Moyetとの写真は前記事に出ていますが。

私がわくわくしたのをいくつか紹介。

これはカメラ越しですが、なんとなく雰囲気が伝わってくるように思います。

特に、同じMTV Germany発表のこれ

と続けてみると、想像が増しますね。

何より、もうモートンの声聞くと、ものすごく安心する感じとドキドキする感じが同時にやってきてたまりません。

そして、a-ha公式のこれ。一瞬80年代の物販を思い出しました。物販じゃないけど。

そして、笑ったのがこちら。

View this post on Instagram

#ahamtvunplugged #aham 📸 @karloluf

A post shared by Lars Horntveth (@larshorntveth) on

30年前の写真と同じ構図ですが、一人増えてます(30年前の写真にも)
「共通の敵」なんて、穏やかではない言葉を使いつつも、このノリ。
心配はなさそうです。

ところで、昔と今と同じ構図で写真をとってネットにあげるのが、はやってますが、ぜひ、少し前のブームの「彼氏とデートなうに使っても良いよ」も
お願いしたいところです。
いえ、モートンのはその手の妄想ができるの、もともといっぱいるんですけども。
マグスあたりもノリノリでやってくれそうじゃないですか?

投稿者

Tomoko

1985年7月4日、期末試験の直前で部活が休みだった日に、たまたまみたテレビ神奈川の「ミュートマ」で『Take On Me』を見てモートンに落ち、8月25日にアルバム発売というので誕生日プレゼントにしてもらって、モートンの声の多才さに感動。その後、タイトルを最後に言うタイプのラジオで「この声綺麗」だと思ったら「I've been losing you」で、これまたモートンだったことから、自分にとって最高の声だと確信。2010年の解散に伴い、翌年からノルウェー語を勉強しはじめ、現在はMCは聞き取れるようになりました。