ノルウェーの花粉症の記事にa-haが取り上げられる

いつも通り、「Morten Harket」で検索したところ、花粉症についての記事に辿り着き、そこで若い頃のa-haの写真と当時の花粉症対策の内容が載っていましたので紹介します。もともとはインタビューなので、途中の「-」から始まる文章は、インタビューされている人がいろんな人の花粉症について答えてるものです。

花粉症トリオ:a-haが一番売れて世界中をツアーしていたとき、トリオには花粉症がついて回った

a-haと花粉症

a-haのメンバーには、音楽への野望以上の共通点があった。マグネ・フルホルメン、モートン・ハルケットとポール・ワークター=サヴォイは花粉症という重要な共通点でも疲れ果てていた。初めてのワールドツアーでは、異なる地域での花粉症シーズンが終わってからの時期が終わってからになるように予定が組まれていた。

ー「モートンは、酷いときはコルチゾンの注射をしているよ」とポール・ワークターはかつて、吸引器とアレルギー協会のメンバー向け雑誌に表明しています

キャリアの最大のアレルギー危機は、初夏の花畑での撮影のときに起きた。

–一度や二度なく、何度も3人は 収録中にくしゃみをしました。”ハイ、僕たちはa-ha。『Take On ティッシュ』と一緒に来たよ と、2000年に新聞に伝えています。

3人は、最悪な時期は薬を飲んでおり、ツアーに中国の鍼灸師を同行したこともあった。

コメントを残す