こちらも、旅行行く直前だっため、更新しそびれていていました。
facebookの「ありがとう a-ha」でシェアされてきて知りました。
「SAMTAGSKINO」というもののBGMで、a-haの「Under the makeup」が使われています。

https://www.dailymotion.com/video/x3160oy_a-ha-under-the-make-up-sat-1-samstagskino_music

https://www.dailymotion.com/video/x3160oy_a-ha-under-the-make-up-sat-1-samstagskino_music

「SAMTAGSKINO」は直訳すると「土曜日の映画」。
いわゆる「金曜ロードショー」的なテレビ番組(の番宣)なのか、「王様のブランチ」のLiLiCoの映画紹介的なコーナーなのかは解りませんが、出てくる映画は「ホテル トランシルバニア」と「白雪姫と鏡の女王」ともう一つは、あちらでは有名な児童書の映画化したもののようです。(調べてみましたが、日本での公開についてはみつかりませんでした)
「土曜日の映画」が何かわかるかなーと思って、動画の最後にある「白雪姫と鏡の女王」のところにあるドイツ語をGoogle翻訳にかけてみましたが、「白雪姫の語られざる冒険」とあるだけでした。残念。

モートンが何を言っているかは残念ながら音量が小さくて聞き取れないのですが、ここはモートンサイトなので、モートンファン的な話を。

以前にこのサイトでも掲載したように、ノルウェー語吹き替え版ではモートンが王様役の声を、白雪姫をトミーネがやっています。
つまり、親子役で親子共演です。

しかも、この映画の日本での公開日はモートンの誕生日の9月14日だったんですよね。
その映画が特集?されているものでBGMがa-ha(モートンの声!)ということに、とても縁を感じます。

ちなみに、映画が公開された2012年9月14日はモートンのお誕生日コンサートがあり、私は当日はノルウェーでモートンのライブを堪能してました。

(お誕生日おめでとうの動画)

※この動画で歌ってるのは、マグネが『The Voice』でメンターとなりデビューさせたマーティン・ハラです。

投稿者

Tomoko

1985年7月4日、期末試験の直前で部活が休みだった日に、たまたまみたテレビ神奈川の「ミュートマ」で『Take On Me』を見てモートンに落ち、8月25日にアルバム発売というので誕生日プレゼントにしてもらって、モートンの声の多才さに感動。その後、タイトルを最後に言うタイプのラジオで「この声綺麗」だと思ったら「I've been losing you」で、これまたモートンだったことから、自分にとって最高の声だと確信。2010年の解散に伴い、翌年からノルウェー語を勉強しはじめ、現在はMCは聞き取れるようになりました。