BBCのラジオやテレビでのインタビューについて、日本語訳をしてくださった人がいます。

http://ahaplusjpn.blogspot.jp/2012/05/bbcfm802.html

「人に求められることより、人が思ってもみなかったことをやってみたい」

っていうのは、以前のインタビューでも


このアルバムの分野は「恥ずかしげもないほどの商業主義」。
とても面白かったよ
だけど、僕とアイドルの違いはね、彼らは、今我々が既に持ってるものを与える。
僕はみんなが待ち望んでるけど、まだ知らないものを提供したいんだ。

と言っていて、今回のアルバムのテーマの一つであると同時に、モートンの今後のテーマでもあるのかなと思いました。

別の一つは、何度もインタビューで答えている「北欧のいい音楽をインターナショナルにしたい」かな。

投稿者

Tomoko

1985年7月4日、期末試験の直前で部活が休みだった日に、たまたまみたテレビ神奈川の「ミュートマ」で『Take On Me』を見てモートンに落ち、8月25日にアルバム発売というので誕生日プレゼントにしてもらって、モートンの声の多才さに感動。その後、タイトルを最後に言うタイプのラジオで「この声綺麗」だと思ったら「I've been losing you」で、これまたモートンだったことから、自分にとって最高の声だと確信。2010年の解散に伴い、翌年からノルウェー語を勉強しはじめ、現在はMCは聞き取れるようになりました。