モートンがTV2のインタビューに答えました。
例によって勉強がてらやくしてみます。間違ってたらあとで直します。

動画と記事はこちら:http://www.tv2.no/nyheter/magasinet/supergruppe-hjalp-morten-harket-med-ny-singel-3728895.html

スーパーグループがモートンハルケットの新しいアルバムに協力

ハルケットは新しいアルバムにスエーデンのグループKENTの協力を得た

今週、モートン・ハルケットの新しいソロアルバム「Out of my hands」からの
最初のシングルが売り出された。

シングル「ライトニング」とアルバムのうちの複数の曲はスエーデンのスーパーグループ、
KENTの協力により作られた。

KENTの自慢

前回のソロプロジェクトからは5年を要した。
今回はより純粋なポップアルバムで、誰かがより貢献したということはない。(*1)

ーKentと協力したのはとても興味深いことだったよ。とてつもなく良いバンドだからね

4月には広範囲のツアーを開始する、ロシア、ドイツ、フランス、イギリスがと続々と計画されている。
その後で、南アメリカへのツアーも決まっている。

a-haは終わったんだ

ツアーではa-ha時代の曲も顔を出すことになる。
ハルケットは、a-haのボーカリストとしての時代は終わったと認めている。

-観客へのリスペクトとして、少し扱うよ。とても沢山の人達が、僕の声をa-haと結びつけてる。
だからこそ、僕がa-haの曲を全くやらないのは奇妙なことなんだよ。

と、ハルケットは言う。

-天職として

新しいシングルとアルバムがどれくらい受け入れられるかに関わらず、52歳という年輪は音楽のキャリアをやめてしまうには、まだ長い。

-僕はね、これこそが僕がすべきテーマだと感じてるんだ。
僕にとって満ち足りた場所があり、かつまだやってないことがある以上はね。

(*1)難しいので後で先生にあってるかどうか聞いてみます(^^;

投稿者

Tomoko

1985年7月4日、期末試験の直前で部活が休みだった日に、たまたまみたテレビ神奈川の「ミュートマ」で『Take On Me』を見てモートンに落ち、8月25日にアルバム発売というので誕生日プレゼントにしてもらって、モートンの声の多才さに感動。その後、タイトルを最後に言うタイプのラジオで「この声綺麗」だと思ったら「I've been losing you」で、これまたモートンだったことから、自分にとって最高の声だと確信。2010年の解散に伴い、翌年からノルウェー語を勉強しはじめ、現在はMCは聞き取れるようになりました。