一月ほど前になってしまうのですが、BBCでのラジオインタビューとロシアでのラジオインタビューを訳してくださった方がいます。

BBCでのラジオインタビュー(5月13日)
http://ahaplusjpn.blogspot.jp/2012/05/bbc-513.html

ロシアでのラジオ・インタビュー
http://ahaplusjpn.blogspot.jp/2012/06/blog-post_12.html

ロシアでは「コマーシャルなアルバムと言った覚えはない」と言っていますが、以前こちらでも取り上げた記事では「恥ずかしげもないほど商業的(コマーシャル)」と書かれていて、また、私自身もRadio Frokostで新しいアルバムのことを「コマーシャル」と言っていたのを聞いていたりします。
なので、本人が思った以上の意味で捉えられてしまったのか、はたまた言った事を忘れてるのか。
どちらにせよ、モートンの音楽に対する姿勢としては変わってないと思うので、まあ、いいんですけどね。
大事なのはこの部分だと思うのです

以下、「僕は変わり者」の記事中、恥ずかしげもないほどの商業主義(コマーシャル)の直後の言葉。

 
だけど、僕とアイドルの違いはね、彼らは、今我々が既に持ってるものを与える。
僕はみんなが待ち望んでるけど、まだ知らないものを提供したいんだ。
僕にとって、ポップミュージックは興味深いものになったんだ

だから、「商業主義」の部分だけが一人歩きしてほしくなかったんじゃないかな、と。
あくまで個人的な意見ですが。


Misaki_Tomo

2011年からノルウェー語をはじめ、現在、中上級(B1-B2)レベルを勉強中。今は新聞やインタビューは読めて、モートンのMCくらいならわかります。現在、文法と作文の能力強化中。ゆっくり話してくれたら理解できるレベル。Håvard Rem氏から彼の本や歌詞の日本語訳を許可を得てやっています。 いつか出版できるといいな。 2015年から日本・ノルウェー協会に参加。

0件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。