以前、モートンがインタビューでこう言っていたのを覚えているでしょうか。

『The Voice』:まずはやってみること、自分の中にある種を外に出すことが大事byモートン

「もちろん。既に僕は参加者と何度かミーティングをしているよ、落選してしまった人も含めてね」

先日、Knutとの対決で敗れたLena Haarberg。
instagramで意味深な投稿をしています。

ちょっとした秘密をfacebookのアーティストページで暴露しているわ。

というわけで、facebookをチェックすると

暫く自分のところでとどめておいたのだけれど、やっとみんなに言えるわ。
『The Voice』から落選してすぐ、The Voiceの司会者から連絡があったの。モートンが私と電話して話をしたいって言ってるって。
会話の中で、ぜひThe Voiceの延長としてあって、私をレベルアップさせたいってことだったの。
私はオスロまで行って、収録のあと、彼にあったの。それはとても非公式なもので、かつ心地良いミーティングだったわ。私たちは、どこから初めて良いかわからなかいけど、沢山話をしたわ。

このご縁がどんな可能性を私にもたらすか想像がつかないけど、モートンのおかげで名前がより知られることになったのは確かだわ。彼は私に沢山のアドバイスをしてくれていて、まだコンタクトを取っているの。これは、私にとってとても嬉しいことで最大の賛辞だと受け取っているわ。本当に感謝しているの。

ということで、モートンがいっていた「落選した人ともコンタクトを取っている」というのの一人はLenaだったようです。
まだ『The Voice』の優勝者が決まるのは先ですが、いずれ、マーティン・ハラの時のように、a-haやモートンソロのコンサート前座にチーム・モートンの誰かが出ることになるのかもしれません。



Misaki_Tomo

2011年からノルウェー語をはじめ、現在、中上級(B1-B2)レベルを勉強中。今は新聞やインタビューは読めて、モートンのMCくらいならわかります。現在、文法と作文の能力強化中。ゆっくり話してくれたら理解できるレベル。Håvard Rem氏から彼の本や歌詞の日本語訳を許可を得てやっています。 いつか出版できるといいな。 2015年から日本・ノルウェー協会に参加。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください