先日、「次のシングルは『The Wake』?」というエントリーを投稿しましたが、a-haのfbページでは、『Under The Makeup』と『The Wake』が紹介されています。

このビデオ、てっきりUnder the makeupのミュージックビデオにThe Wakeを上から載せただけかと思いきや、
最後のほうにある船のシーン、The Wakeの歌詞とモートンの口の動きがあってますよね

もしかして、『Under The Makeup』の船のシーンから続くってこと?

前にも一部引用しましたが、Wakeの意味を調べると

Weblioより。

【名詞】【可算名詞】
通夜 《★【解説】 主にアイルランド・イングランド北部の習慣》.
用例
hold a wake 通夜をする.
【語源】
古期英語から
wake2
音節wake 発音記号/wéɪk/音声を聞く
【名詞】【可算名詞】

1

船の通った跡,航跡.

2

(ものの)通った跡,跡.

3

(飛行機の通った後の)乱気流.

可算名詞としての「wake」のイディオムやフレーズ
in the wáke of…
【語源】
古期北欧語「(船が作る)氷の穴」の意

もしかして、モートンが殺されたシーンのあとの「The Wake」で「通夜」と「船の軌跡」の両方を意味した船なんでしょうか。
えっと、つまり… 黄泉国への旅立ちというか…。

ギリシア神話や仏教では、死者の国へと向かうとき川を船で渡ったりしますが、北欧神話はどうなんでしょうね。
今、北欧神話の死の国「ニヴルヘイム」を調べてみましたが、、人間の国と死者の国を流れる川はあるようですが、船でわたるかなどはわかりませんでした。
それより、「ニヴルヘイム」もとは「暗い国」「霧の国」という意味のようです。

となると、霧の王子(モートン)が霧の国へ行く動画ってことに?
そういえば、以前の番組で霧の王子と呼ばれるのを光栄だ、みたいなことを言っていた気も。

まあ、モートンが霧の王子と言われるのは、言っていることが解りにくいという意味のようなので、このニヴルヘイムとは関係ないと思いますけどね。

ところで、『Cast In Steel』の日本版の予定はいまのところないと思います。
それと、日本ツアーの予定も……。来て欲しいですけどね。



Misaki_Tomo

2011年からノルウェー語をはじめ、現在、中上級(B1-B2)レベルを勉強中。今は新聞やインタビューは読めて、モートンのMCくらいならわかります。現在、文法と作文の能力強化中。ゆっくり話してくれたら理解できるレベル。Håvard Rem氏から彼の本や歌詞の日本語訳を許可を得てやっています。 いつか出版できるといいな。 2015年から日本・ノルウェー協会に参加。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください