タイトル通りですが、この記事です.26日に行われた、シドニーでのライブについての記事です。

https://www.smh.com.au/culture/music/a-has-morten-harket-sings-like-an-angel-despite-sound-devils-20200227-p544q4.html

urlに既に出ていますね。タイトルも「 A-ha’s Morten Harket sings like an angel, despite sound devils 」と。

And would Morten Harket, at 60, still be able to hit its otherworldly high notes? (中略) Then by the end of its first chorus, the second question was resolved – Harket still sings like an angel, with a range and ethereal clarity rarely heard in pop music

the scond questionというのが、上にある「And..」の部分です。更にこの記事では、後半にも

Harket sung with crystalline beauty on the ballads, Hunting‘s title track and the gorgeous And You Tell Me, although it was his voice alone making the emotional connection.

とあって、モートンの色あせない声の魅力を語ってくれています。ちなみに、タイトルにある「sound devils」ですが、どうやら、イヤモニにトラブルがあったようです。(上の文章にそのことが続く)

というわけで、オーストラリア・シドニーでの「Take On Me」と「Hunting High and Low」です。HHALでは確かにイヤモニを気にしている様子がわかりますね。ポールに何か訴えてるようにも見える。

確かに、イヤモニを気にしている様子。

Misaki_Tomo

2011年からノルウェー語をはじめ、現在、中上級(B1-B2)レベルを勉強中。今は新聞やインタビューは読めて、モートンのMCくらいならわかります。現在、文法と作文の能力強化中。ゆっくり話してくれたら理解できるレベル。Håvard Rem氏から彼の本や歌詞の日本語訳を許可を得てやっています。 いつか出版できるといいな。 2015年から日本・ノルウェー協会に参加。

0件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。