見るだけでわくわくしますね。

7月6日、a-haはモートンの生まれ故郷であるコングスベルグで行われた「コングスベルグ・ジャズフェスティバル」に参加しました。
ちょうど1年前、モートンがコングスベルグジャズフェスティバルに現れたとちょっとした騒ぎになり、翌日にa-haの出演が発表されました。
昨年のこのフェスには、トーク番組でマグスにモートンの素晴らしさを騙ったGabrielle、そして何よりモートンの娘であるTomine Harketが出ていました。

NRKによると、今年のフェスはこれまでの最高記録である2016年の記録を1000人上回る動員数で38000枚を売り上げたとのことです。
また、Klasskampen誌によると、a-haの前日、同じKirketorgetを会場としたSting & Shaggy + Adam Douglas が7000人の動員だったのに対し、
a-haは12000人を動員したとのこと。

https://www.nrk.no/buskerud/rekord-for-arets-jazzfestival–1.14117443

http://www.klassekampen.no/section/tjenester?template=ansatte

3600.noによると、当日はなんとa-haのコンサートの為に臨時バス(Sandefjord, Tønsberg, Horten, Holmestrand, Hvittingfoss, Halden, Sarpsborg, Moss, Drøbak, Drammen, Larvik, Porsgrunn, Skien発)と、帰宅時の臨時列車(オスロ行き、Drammen行き)まで出たようです。

https://3600.no/detskjer/a-ha-kongsberg-jazzfestival-6-juli-2018/

そんなわけで、かなりの盛り上がりっぷりで、同じく出演していたらしい他のバンドがこんな動画を。

彼らも金曜日のライブでしたが、彼らは別の場所でやっていたようです。
ああ、遠目にみてもモートン最高です。

というわけで、ファンがアップロードしてる当日のライブ模様を。

Lifelines

Foot of the Moutain

Crying the rain

Scoundrel Days &Living Daylights

The blood that moves the body

見る限りジャズフェスティバルだからということでジャズアレンジなわけではないようです。エレクトリック・サマーの一部ですしね。

そして、おまけ。

日本ではセリアの名前でデビューし、1991年のアルバム「Silje」(日本語タイトル「クワイエット・プレイス―心のコラージュ」)では、「Where you are」(あなたはどこに)でモートンとデュエットしているSilje Nergård

3年前のこのジャズフェスティバルに出ていたようで、2015年当時の新譜「Chain of Days」でカバーした「Hunting High and Low」をアンコールで歌っていたようです。
(当時のインタビュー)

セリア『Chain of Days』



Misaki_Tomo

2011年からノルウェー語をはじめ、現在、中上級(B1-B2)レベルを勉強中。今は新聞やインタビューは読めて、モートンのMCくらいならわかります。現在、文法と作文の能力強化中。ゆっくり話してくれたら理解できるレベル。Håvard Rem氏から彼の本や歌詞の日本語訳を許可を得てやっています。 いつか出版できるといいな。 2015年から日本・ノルウェー協会に参加。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください