http://www.kjendis.no/2011/10/01/kjendis/a-ha/magne_furuholmen/morten_harket/yosef_wolde-mariam/18366353/

マグスのインタビューから。
これは、マグスが今出演しているThe Voiceというテレビ番組についてのインタビューなのですが。
タイトルが『だから僕はモートンとa-haでやりたかったんだ』なので、該当箇所だけ訳してみました。本当に少しですが…。


5人のメンターは、対象者のパフォーマンスを見ずに声だけで有望かどうかを判断しなくてはいけません。

-いい部分だと思うよ。僕達に出来る支援は、一票を投じることだけ。
僕がモートンと一緒にバンドをやりたいって思ったのだって、彼の声だからこそなんだし、バレエパンツ姿ではなく。あ、彼はその時タイツ姿だったんだよね。

—-

そうか、マグにあったとき、モートンはタイツ姿で歌ってたのか。
(毎回じゃないだろうけど…)

マグスはモートンの声が好きで自分が選んだという自負があるのかもしれませんね。


Misaki_Tomo

2011年からノルウェー語をはじめ、現在、中上級(B1-B2)レベルを勉強中。今は新聞やインタビューは読めて、モートンのMCくらいならわかります。現在、文法と作文の能力強化中。ゆっくり話してくれたら理解できるレベル。Håvard Rem氏から彼の本や歌詞の日本語訳を許可を得てやっています。 いつか出版できるといいな。 2015年から日本・ノルウェー協会に参加。

0件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。