【翻訳挑戦】パパの最高のコンサート

投稿者: Misaki_Tomo 投稿日:

ネットでも中継され、DVD(ライヴ・イン・オスロ 2001 [DVD] )にもなったライブ、2001年3月24日のVallhallコンサートの記事です。
去年、オスロの会場にもInezとジョナサンらしき人物が隣あって会話していて、私のいた近辺で一時、騒然となりましたが、2001年のコンサートでも「恋人(当時)」と「元家族」が一緒に登場してるんですね。驚きました。

パパの最高のコンサート

2001年3月25日
http://www.dagbladet.no/kultur/2001/03/25/249296.html

モートン・ハルケットは昨日のコンサートに彼の家族を招いた。
元妻のカミーラと新しい同棲相手のアンネ・メッテは、ハルケットとカミーラの
3人の子ども達、ヤコブ(12歳)、ジョナサン(10歳)、そしてトミーネ(もうすぐ8歳)と一緒に到着した

「とってもいいコンサートだったよ!
僕がみたa-haの今までのこんさーとで一番だった。
僕は、彼らが一度裏にひっこんでから、もう一回
出てくるところが面白かった」(ヤコブ)

「最後に『Take On Me」をやったのが一番かっこよかった」(ジョナサン)

VIPゲスト

-お気に入りは?

「僕は『Take On Me』が大好きなんだ」(ヤコブ)
「僕もご機嫌になるよ」(ジョナサン)

トミーネも最後までいた。
「とても面白かったわ」

子ども達はVallhallのVIP観覧席にたが、階下のアリーナ席には下りていかなかった。

「(観客の)みんな、とても楽しそうだったよ。それっていいよね」(ヤコブ)

こどもたちは、コンサートの間中、ずっと立っていた。

「とっても疲れたよ。僕たち、月曜日は学校なんだけどさ」(ヤコブ)

ママであるカミーラは、人の集まる場所に子ども達をつれていくことに、特に異議はなかった。

「私たちは、前にも(a-haの)コンサートに行ったことあるのよ。
まだ、彼らがそれほど大きくないときにね。音のレベルが、私が一番心配してることだわ」

彼女は他にも、彼女の友人であるLeif Johansenと彼の息子のJo-Jo(10歳)も一緒だった。
また、ハルケットの新しい恋人アンネ・メッテも一緒だったが、彼女もまた、ハルケットの家族の一員として子どもたちとカミーラに受け入れられた。

昨日は、1993年以来、a-haがノルウェーで行う最初のコンサートだった。
そのときは、a-haはオスロのSentrum Sceneで1500人を前に演奏した。

満席
復活アルバム『Minor Earth, Major Sky』を昨年リリースしたとき、バンドは、日本・ドイツ・ロシアでツアーを行った。
オスロでも演奏したいと思っていたが、コンサートアレジメントのRune Lem は
モートン、マグネそしてポールがOslo Spektrumを埋めることはできないだろうと踏んだのだ。

彼は酷い間違いを起こした。ノルウェー北部で最も大きい室内サッカー場で
a-haを体験するために13000人もの人がHelsfyr駅を利用した。
今日も、13000人が来場する。

harketfamilien
子ども達 左から Jo-Jo, ヤコブ, ジョナサン,トミーネ。

2001年3月25日


カテゴリー: 翻訳挑戦

Misaki_Tomo

2011年からノルウェー語をはじめ、現在、中上級(B1-B2)レベルを勉強中。今は新聞やインタビューは読めて、モートンのMCくらいならわかります。現在、文法と作文の能力強化中。ゆっくり話してくれたら理解できるレベル。Håvard Rem氏から彼の本や歌詞の日本語訳を許可を得てやっています。 いつか出版できるといいな。 2015年から日本・ノルウェー協会に参加。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

【翻訳挑戦】パパの最高のコンサート

投稿者: Misaki_Tomo 投稿日:

ネットでも中継され、DVD(ライヴ・イン・オスロ 2001 [DVD] )にもなったライブ、2001年3月24日のVallhallコンサートの記事です。
去年、オスロの会場にもInezとジョナサンらしき人物が隣あって会話していて、私のいた近辺で一時、騒然となりましたが、2001年のコンサートでも「恋人(当時)」と「元家族」が一緒に登場してるんですね。驚きました。

パパの最高のコンサート

2001年3月25日
http://www.dagbladet.no/kultur/2001/03/25/249296.html

モートン・ハルケットは昨日のコンサートに彼の家族を招いた。
元妻のカミーラと新しい同棲相手のアンネ・メッテは、ハルケットとカミーラの
3人の子ども達、ヤコブ(12歳)、ジョナサン(10歳)、そしてトミーネ(もうすぐ8歳)と一緒に到着した

「とってもいいコンサートだったよ!
僕がみたa-haの今までのこんさーとで一番だった。
僕は、彼らが一度裏にひっこんでから、もう一回
出てくるところが面白かった」(ヤコブ)

「最後に『Take On Me」をやったのが一番かっこよかった」(ジョナサン)

VIPゲスト

-お気に入りは?

「僕は『Take On Me』が大好きなんだ」(ヤコブ)
「僕もご機嫌になるよ」(ジョナサン)

トミーネも最後までいた。
「とても面白かったわ」

子ども達はVallhallのVIP観覧席にたが、階下のアリーナ席には下りていかなかった。

「(観客の)みんな、とても楽しそうだったよ。それっていいよね」(ヤコブ)

こどもたちは、コンサートの間中、ずっと立っていた。

「とっても疲れたよ。僕たち、月曜日は学校なんだけどさ」(ヤコブ)

ママであるカミーラは、人の集まる場所に子ども達をつれていくことに、特に異議はなかった。

「私たちは、前にも(a-haの)コンサートに行ったことあるのよ。
まだ、彼らがそれほど大きくないときにね。音のレベルが、私が一番心配してることだわ」

彼女は他にも、彼女の友人であるLeif Johansenと彼の息子のJo-Jo(10歳)も一緒だった。
また、ハルケットの新しい恋人アンネ・メッテも一緒だったが、彼女もまた、ハルケットの家族の一員として子どもたちとカミーラに受け入れられた。

昨日は、1993年以来、a-haがノルウェーで行う最初のコンサートだった。
そのときは、a-haはオスロのSentrum Sceneで1500人を前に演奏した。

満席
復活アルバム『Minor Earth, Major Sky』を昨年リリースしたとき、バンドは、日本・ドイツ・ロシアでツアーを行った。
オスロでも演奏したいと思っていたが、コンサートアレジメントのRune Lem は
モートン、マグネそしてポールがOslo Spektrumを埋めることはできないだろうと踏んだのだ。

彼は酷い間違いを起こした。ノルウェー北部で最も大きい室内サッカー場で
a-haを体験するために13000人もの人がHelsfyr駅を利用した。
今日も、13000人が来場する。

harketfamilien
子ども達 左から Jo-Jo, ヤコブ, ジョナサン,トミーネ。

2001年3月25日


カテゴリー: 翻訳挑戦

Misaki_Tomo

2011年からノルウェー語をはじめ、現在、中上級(B1-B2)レベルを勉強中。今は新聞やインタビューは読めて、モートンのMCくらいならわかります。現在、文法と作文の能力強化中。ゆっくり話してくれたら理解できるレベル。Håvard Rem氏から彼の本や歌詞の日本語訳を許可を得てやっています。 いつか出版できるといいな。 2015年から日本・ノルウェー協会に参加。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください