当サイトは、元a-haの天才ボーカリスト、モートン・ハルケットのファンページです。
主に、管理人が彼について思っているところを語るサイトとして作りましたが、最近活発に動いてるおかげで、ニュースもそこそこ入ってきています。
ドメイン名ですが、「モートンのことを扱ってる日本のサイト」っていうだけの意味です。「私が一番のファンよ」なんてことは欠片も思ってないので、よろしくお願いします。
(Darkspace.jpも考えたんですが暗いかなーと。with you with me.jpだと勘違いされそうですしね)

<ニュースカテゴリについて>
・英語でのニュースは「こういうニュースが入ってきたよ」と書いて、リンクだけしてます。訳しません。
理由は、誤訳だけでなく、その情報が「削除」された場合に整合性がなくなったり、修正が入ってもこちらで気づけない場合があるためです。
なので、リンク先がなかったら情報が削除されたのだと思ってください。

・ノルウェー語のニュース(新聞)については、積極的に翻訳に挑戦します。
ただし、管理人はノルウェー語を勉強中なだけでプロではありません
先生に聞いて直したりすることもあります。ご理解ください。

<翻訳挑戦カテゴリについて>
上にも書いたように、ノルウェー語のニュースについては基本的に、頑張ってみます。又、モートンのノルウェー語のアルバムの歌詞は本当にステキなので、訳して紹介したいと思っています。
Håvard Rem氏から本を頂きましたので、それも参考にしたいと思います。

Håvard Rem氏から、わからないところがあったら直接聞いていいよと許可を得ました。
むしろ積極的に訳せって感じなので、がんばりたいと思います
(2012年9月18日追記)

<聞き取りについて>
たまにラジオインタビューを頑張って聞き取ってみたりしますが、8割は聞き取れていません(現時点)。聞き取れてることも、どれだけ正解かは謎です。
私の挑戦なので、それを前提で楽しんでください。

テレビについても同様です。ただし、気になることについては先生に聞いて聞き取って貰います(笑)
80年代や90年代の映像の聞き取りは、個人レッスンでやってもらってることなので、「ノルウェー語のレッスンで聞き取ってきました」というのは、内容はあってると思います。

<モートンについて思うこと>
モートンのインタビューや歌詞から、管理人がどう捉えてるかです
本来のメインコンテンツだったはずのもの(笑)

<【連載】愛に溢れたハプニング旅行>
これは、2010年12月3日から5日までの弾丸ツアーの記録です。

<【連載】2016 a-ha in Oslo>
これは、2016年GWのa-haオスロツアーの記録です

<Morten, Kom til Japan>
モートンの来日を指をくわえて待ってるのは性に合わないので
呼びかけをはじめました。
リクエストなどガンガンしていく予定です。
当サイトの更新情報はこちらでリンクしています。
https://www.facebook.com/MortenKomTilJapan/

当サイトの文章の著作権は管理人にあります。
くれぐれも、自分のと偽って勝手に掲載するなどはおやめください。

<管理人について>
名前;Misaki_Tomo
フルタイムのワーキングマザーで、子供が二人います
また、週1-2回は仕事の帰りにノルウェー語のレッスンを受けているほか
エンジェルリーディングの勉強もしています。
自宅では子供の勉強をみて、部屋片付けてノルウェー語の宿題やって…という日々なので
あまり暇なことはできませんw


4 thoughts on “当サイトについて

  • 2014年8月11日 at 9:55 AM
    Permalink

    いつも楽しく拝見させていただいています。仕事に子育てに大変な毎日の中での更新、大変でしょうが、頑張って下さい。私は英語もノルウェー語も解らないのでとても楽しみに待っています。

    Reply
    • 2014年10月7日 at 7:47 AM
      Permalink

      コメントありがとうございます。返事をしたつもりが、出来ていませんでした。すみません
      ありがとうございますー。頑張ります

      Reply
  • 2014年10月6日 at 3:10 PM
    Permalink

    こんにちは。とても楽しみにこちらを拝見しています。

    子供たちが大きくなってきて、
    大好きなa-haやMortenにも目を向けることができるようになってきました。

    彼らの考えや行動を知ることができるのは、とてもうれしく、
    なぜ彼らと長い間つながっているのかを、自分なりに考えています。

    あ、勝手に私が繫がっているだけですが、

    紡ぎだす言葉や曲、感じる人柄や魅力、大切にしたい宝の物です。

    美咲さん、の訳で自分の底が広がっていきます。

    今まで言葉上わからなかった、理解できなかったことがつながり始めることは
    心地よいことですね。

    美咲さんのこれからの活動も期待しています。

    Reply
    • 2014年10月7日 at 7:49 AM
      Permalink

      コメントありがとうございます
      ありがとうございます。
      昔ながらのファンが「そういえばどうしてるかな」と思った時に、このページに辿り着いて、モートンの活動を知ってほしいというのと、
      自分自身がノルウェー語を勉強している理由が、モートンの言葉を直に知りたい・他にいるモートンファンと分かち合いたいということだったりするので
      この言葉はとても嬉しいです。
      ありがとうございます。

      Reply

コメントを残す