9月14日、15日にノルウェーのオスロで行われた、モートンのお誕生日ライブへ行ってきました。
今回のライブ、特筆すべきはHåvard Rem氏作詞の曲の多さと、Take on meをやらなかったこと、Letter from Egyptの曲もやったことでしょう。

Rem氏の曲はその時々によって入ってなかったのもありますが
今までの常連

・Spanish steps
・Los Angels
・Lay me down tonight
・When I reach the moon
・A kind of Christmas card

を全てやりました。
又、

 Wild Seed

も、入ってました。

当初、Heaven’s not for saintsだと思っていたら、間違いを指摘されました。すみません
当初曲名が思い出せず、saintsって聞こえた気がしたので検索したところ、
印象に残ったlet it goの部分があっていた&自分で聞いてもこれだと思っていたんですが。

全体的にRem氏の曲が多く、また、一カ所にまとめてではなく全体的に散らされていたので、気がつくとRem氏の曲で個人的にとても嬉しかったです

Letter from Egypt からは、MoviesとSend me an Angels。
モートンのfbのページで言われていた「Letter from Egyptからもやってほしい」というファンの要望に応えた形でしょう。

そして、何より「おお」と思ったのが「A kind of Christmas Card」の位置。
アンコールの最後、つまり今までのTake on meの位置になりました。

モートンのファーストアルバムはPoetnes Evangeliumですが、彼は今までのインタビューから察するに、彼の中のファーストアルバムといえばWild Seed。
Wild Seedのファーストシングル、つまりa-haにとってのTOMと同じ位置にある曲を、今までのTOMと同じ場所にもってきたことで、それまで以上に「ソロツアー」という印象が強くなったように思いました。

そういう意味で、a-haの30周年とういよりは、「モートンの再スタート」という印象が個人的には強かったです。

さて、14日はモートンの誕生日を祝うということで、ファンみんなでHappy Birthday to Youを歌いましたし、15日はモートンのSpansh Steps講座がありました。
モートンが歌って、その後ファンが歌うということで、とても楽しかったです。

投稿者

Tomoko

1985年7月4日、期末試験の直前で部活が休みだった日に、たまたまみたテレビ神奈川の「ミュートマ」で『Take On Me』を見てモートンに落ち、8月25日にアルバム発売というので誕生日プレゼントにしてもらって、モートンの声の多才さに感動。その後、タイトルを最後に言うタイプのラジオで「この声綺麗」だと思ったら「I've been losing you」で、これまたモートンだったことから、自分にとって最高の声だと確信。2010年の解散に伴い、翌年からノルウェー語を勉強しはじめ、現在はMCは聞き取れるようになりました。