少し前ですが、モートンがKK誌にてInezとの関係について語りました。
ネット上で読めるのは二つですが、ほぼ内容が同じであることと、補完しあっている部分があるので一緒に載せます。
Surret seg vekの部分、辞書では引いていますが、自信がないのでタイトルにしてある部分はそのままです。後ほど、もっといい訳があれば修正します。(お互いの立場を離れて混乱した、の部分です)

なんというか、要するに惚気記事でした(笑)

モートンの恋人になりたくなかった

-僕は実際、期待してなかったんだ
http://www.kjendis.no/2012/05/24/kjendis/morten_harket/inez_andersson/tomine_harket/21753997/

(Dagbladet)
Morten Harketは、最初彼が思い描いていたように簡単にはInez Anderssonを手に入れられなかった

Surret seg vekk

Morten HarketとInez Anderssonが初めて出会ったのは1998年のことだ。
Anderssonが(モートンの)パーソナルアシスタントとして働き始めたのは、ちょうどモートンがスェーデンのモデルCamilla Malmquistと、その間にできた子供Jakob、Jonathan、Tomine達と別れた年だ。

それでも、彼が彼のアシスタントと一緒になるのは長い年月を要した。

―その時、僕達の関係は始まったけれど、お互いの立場から離れて混乱していた。
僕は、ある日突然気がつくまで、完璧に僕達は終わったとそう思っていたよ。

モートンはKK誌のインタビューに率直に答えた

興味がなかった

モートンはAnne Mette Undlienと一緒になり、彼の母の名前から名づけた娘Hennyを設けた。
5年後同棲関係は解消され、2005年の冬、彼は自分が恋に落ちていることに気がついた。

Inezは類まれな清廉さを持っている。僕が一緒にいた女性の中で最も手を焼く女性であり、同時に最も素直な女性でもあるんだ。
何も彼女を揺るがすことはできないんだ。

チャレンジした

とはいえ、ポップスターはすぐに新しい恋人を得ることはなかった。
Anderssonは、彼にまったく興味がなかったのだ

―期待はしていなかったけど、でもほかに目を向けることも出来なかったんだ。僕は彼女との関係こそが唯一の素晴らしいものになると知っていたからね。だから、チャレンジしたんだ。

半年後、Anderssonは彼と付き合うことにした。彼ら二人は一緒になり、2008年にはKarmen Poppyの両親になった。

恋人について語る

http://www.seher.no/896106/morten-harket-ble-avvist
―僕にとって、挑戦することは十分に健全なことだったんだ。モートンはInez Anderssonからの拒絶について語った

少女達のアイドルだったモートン・ハルケットは何年か後、彼のパーソナルアシスタントから拒絶されていた。
今日、彼はポジティブになったように見える。

2005年の冬、彼は自分が恋に落ちていることに気がついた。
彼はかつて、Inez Anderssonと短い恋に落ちたことがあるが、その感情はもう終わったものだと思っていた。
彼は自分がまだ、Inezへの感情を引きずっていることに気づいた後、彼女への気持ちを伝えるときに自分が彼女から残酷に拒絶されたと感じていることを伝えることに決めた。

彼女は僕に出来るのは忘れることだけだと言ったんだ、彼は金曜日から売り出し中のKKマガジンで語った。

時がたって今、彼はそれを経験から学んだこととして認識しており、愛情ある生活の中の些細な抵抗だったとして受け入れている。

―その最大の抵抗は、六ヵ月後に解消した。Inezは類まれな清廉さを持っている。
僕が一緒にいた女性の中で最も手を焼く女性であり、同時に最も素直な女性でもあるんだ。
僕が何をしようとも、彼女を揺るがすことはできないんだ。
この抵抗は僕にとって健全なものだったんだ。
僕は1998年に彼女と出会ってからずっと、彼女に惹きつけられていたんだ。
その時、僕達の関係は始まったけれど、お互いの立場から離れて混乱していた。
僕は、ある日突然気がつくまで、完璧に僕達は終わったとそう思っていたよ。

【翻訳挑戦】モートン、恋人について語る

コメントを残す