9月27日(金)のLindmoにモートンがゲスト出演しました。これまでにも何度か出ていますが、今回は途中から一緒にトークするメンバーとしてガブリエラが混ざり、モートンの癒やし効果が発動することになりました。

26日にはモートンの伝記『Hjemkomst』が発売されており、その結果として、モートンがこれまであまり話していなかった、最初のソロ期間での活動のことも話してもらえる、非常に貴重なインタビューでした。

ガブリエラとのトークを含めると実に6500文字近くにもなったので、区切って投稿します。

まず、前提として、週の頭に「モートン・ハルケット、自分を異端者と感じる」という見出しが週刊誌の記事に出ました。ご存知の通り、訳していないのですが、理由は、記事の中をMorten Harketで検索したら、その一文のところしか出てこなかったからです。前後の会話もなく切り取られてもね。ちなみに、その見出しは「僕は、追放されている人のように感じている」というもの。これについては、実は以前にも話していて、それについては訳していますので、まずはリンクを載せておきます。

「追放者」
「誰だってコミュニティからはじかれるのは嫌だよ 」

では、本題へ。Lindmo 字幕プラス聞き取りしたものです。

https://tv.nrk.no/serie/lindmo/2019/MUHU03005519/avspiller (19分35秒から)


モートン、新聞の見出し「追放者」について語る

さて、いよいよ最も偉大なポップスター、モートン・ハルケットは60歳になり、合わせて本もでました
冬までは、a-haのメンバーと共に大きなツアーの真っ最中。
でも、今日、彼はここにいます。モートン・ハルケットです。
ーようこそ!

Morten:ありがとう

ー今週、私はずっとモートン・ハルケットのことを考えていました

Morten:そうなんだ?フルネームで?(笑)

ーええ、私は敬意を払うということを知っているもので(笑)

Morten:モートンについて、何かいつもと違う考えでもあった?

ー今週は思いやりとかそういった類いのことを考えざるをえなかったの。近くのコンビニでカラー印刷の週刊誌の 表紙が目についたの。あなたの顔と「追放者だと感じている」という見出しがあったわ。見出しとはいえ……

Morten:見出しっていうのは、多くの人の目に触れてなんぼだから。あて損なうと、ただ無意味なものになるよね
ーでも、その背景にあることは、本当のこともあるんでしょう?

Morten:あれはね、有名になるということがどういうことかっていうことの話の一部を引き抜いただけでしかないんだ。
誰もが自分の居場所というものを持っている。それが、あるとき突然ひっくり返るんだ。
群衆の中の一人としての自分というのは、なくなってしまう。
僕が言ったのはそういうことだったんだよ。
どの瞬間も、一日中、ずっとその(有名になったという)影響は出てくる。
それは電車でとか、バスでとか、タクシーでとかいうのではなく、どこにいたとしても、自分の知らない人全てが君に関わる可能性の ある人ということになる。
周りのみんなが「君が変わったかどうか」というのを聞く。でも、それは君と関わりのある人みんなに言えることになるんだ。

ーそういったことについて、a-haの中ではどう変わりましたか?

Morten:バンドの中でってこと?……僕たちはずっと、ある種の緊張感をもってやってきていた。何をやりたいかという共通点、それから、 これから起きることをどう見せるかとか、(a-haは)素晴らしい場所だった。
僕らは、自分たちが感じたこととかをベースにして、四六時中音楽を作っていたんだ。
その頃から、徐々にほどけてきて、そうして一緒にいられなくなった。
長い間そうだった。貨物列車にあって、ゲレンデに何年も置き去りにされるようなものだ。
幸いなことに、僕らはそうなる前に作った曲が沢山あった。だから、僕らはその中から曲を選ぶことが出来たんだよ。

転機、そして自分と向き合うことに

ーa-haが一緒にやったことについては、壮大な叙事詩のような話がありますが、そのうちの一つとして91年のRioがありますね
あなたたちはコンサートに登場し、一つのコンサートでの集客世界一の記録を打ち立てました。
約20万人の人が集まったわけですが、そのとき、あなたの頭の中では何が起きていましたか。

Morten:僕らにとっては「いつも通りのお仕事」だったのさ。僕らはそこで、僕たち自身だっただけ(笑)
ああ、いや、そういうことを言いたかったんじゃないんだ(笑)
でも、それは僕が抱えていたことでもある。
その状況下で僕は自問自答したんだ、
「OK,これは僕にとっての転換期だ、そしてこれは続いていって、数ある転換期の一つになるだろう」って。
「君はどうしたいの」って僕は自分に問いかけるんだ。 「何をもってどうしたいの」って。

ーそれで、あなたが得た答えはなんですか

Morten:僕はなんで自分自身の全てで、この状況に向かえてないと感じるのかとういことを自身に問いかけたんだ
自分のやるべきことがわかってない、だから間違っていると感じるのだと。
でも、同時に僕は僕の持っているものを、戻す必要があるとわかったんだ。
僕は自分自身に100%アクセスできる状況では無かったけど、でも、どこにいてどうすべきかは理解できた。
僕には自分自身をもっと理解する必要があったんだ。

ーこの熱狂的なハイライトにおいて、あなたは「もうこれで終わりか」とかそういったことを認識しなかったんですか
Morten:僕は全てを解放する準備はできていたよ。僕はシステムのバグだと思った。どこでというわけではなく。
それを理解する唯一の方法は、ちょっと男性的な方法を使うしかなかった。全てを切り離すってことなんだけど。

ー切り離す?
Morten:そう全てね。話すことをやめ、関係をもつことをやめ、心配することもやめ、そして上手くいかないことを防ぐことをやめた。
僕はいつだって、全てのことに対してちょうどよかったんだ。
倒れたことは倒れたままにすることにした。
たとえ、他の事がひっくり返ってもそのままにした。僕は一番上の階から、全てを背後に捨てる必要があったんだ
そして、その落ちているものに注意向けたんだ。
それは、僕が何度かやってきたことのなかで一番暴力的であり、 それをただ、経験するということは奇妙なことではあったけど、とても効果のあることでもあったんだ。
真実でフィルタするのに効果的だったんだ。

ーええ、それで…えっと

Morten:僕は、純粋なもの・正当な物・本物はちゃんと戻ってくるだろうと信じていたんだ。そして実際そうだった。

ー随分と大がかりな大掃除ですね

(会場笑)

Morten:ははっ、ホントそうだね(笑) この尖ったリフォーム方法は、正しい形に整えてくれた。


もう、これだけでも十分、満足できる内容なのですが、まだこれで全体の1/3程度です。冒頭に書いたように、モートンはこれまでも有名人であることについてのデメリットみたいなのは語っていて、それが見出しになっただけなので、あまり騒ぐようなことではないと思っています。

今回、新たに知った話題はこの後半部分の自分と向き合った経緯のところですね。マラカナスタジアムでの転機を経て自分と向き合い、自分にとって必要なものは離れていかない(戻ってくる)という、(モートンは男性的といっていますが)要するに力業を駆使したという部分。抱え込み過ぎたらいったん全てを手放しましょうというのはよく言われることではありますが、本当にやったのね…と。それでもファンというのはついてくるわけで…。

ちょっと今仕事のことで悩んでるものですから、モートンのこの「倒れたままにしておく」「起こりそうなことを防がない」というのは、自分にとっては、心に刺さりました。91年というと、モートンはこのときまだ、32歳だったはず。その時点で達観したのかと思うと、尊敬します。


Misaki_Tomo

2011年からノルウェー語をはじめ、現在、中上級(B1-B2)レベルを勉強中。今は新聞やインタビューは読めて、モートンのMCくらいならわかります。現在、文法と作文の能力強化中。ゆっくり話してくれたら理解できるレベル。Håvard Rem氏から彼の本や歌詞の日本語訳を許可を得てやっています。 いつか出版できるといいな。 2015年から日本・ノルウェー協会に参加。

0件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。