Senkveld,モートン祭

ノルウェーのトーク番組「Senkveld」。少し前に最後最後言ってたので終わったのかと思いきや、司会が変わってたんですね…。さて、その「Senkveld」にモートンが出演しました。

やあ。今晩「Senkveld」に出るよ

字幕:モートン・ハルケットが出演者の一人としてやってくる!

ああ、いいなー、いいな。こういうの見ると、ホント、ノルウェー羨ましい。

『Senkveld』のインスタでは、予告にこんなものも。

今晩、このソファの上が熱くわくよ。モートン・ハルケットが来てくれるし、クリスチャン・クリスチャンセンも。更に、Viking Skyの救出にあたった救出ヘリコプターのパイロット、Karen Segtnanも。

動画ではなくて、画像をポンポンおくのはちょっと面白いですね。そしてTV2のインスタおよびfacebookには、番組の一部も掲載されていました。(なぜモートンネタだけTV2でSenkveldアカウントじゃないのか不明)

名曲『Take On Me』について何か知ってる?モートン・ハルケットに、世界的ヒットになった歴史について聞くよ。

会話部分は、facebookの動画の下にあります

男性司会者「あの魔法のリフをあなたが初めて聞いたとき タダダダダッタ…」

モートン「覚えてるよ」

男性司会者「全部は歌わないよ-」

男性司会者「それで、聞いて直ぐ、この部分にヒットするものがあった?」

モートン「そうだねー、今は聞いてないけど」(笑)

女性司会者「私は、あなた上手かったと思うわよ」(うなだれる男性司会者を慰め)

ああ、フルでみたい。ホント、日本のVISAカードが通らない理由がわからないんだけど…、全部見たかったー。スカパーでも良いから放映してくれないかな、ノルウェーの番組(いつも言ってるけど)

The following two tabs change content below.

Misaki_Tomo

2011年からノルウェー語をはじめ、現在、中上級(B1-B2)レベルを勉強中。今は新聞やインタビューは読めて、モートンのMCくらいならわかります。現在、文法と作文の能力強化中。ゆっくり話してくれたら理解できるレベル。Håvard Rem氏から彼の本や歌詞の日本語訳を許可を得てやっています。 いつか出版できるといいな。 2015年から日本・ノルウェー協会に参加。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください