先日、ノックアウト・ラウンドで、Coldplayの曲でJuneに勝利した Sebastian Hågensenが、ノックアウト・ラウンド前に、メンターであるモートンについてインタビューに答えていました。

https://www.h-a.no/kultur/knockoutrunde-for-sebastian

モートン・ハルケットは、僕にとって、音楽の偉人であり、ずっと憧れている人

Hamar Arbeiderblad誌の記事の中のほんの一文なのですが、自分のメンターであるモートンについて聞かれてこう答えたそうです。


Misaki_Tomo

2011年からノルウェー語をはじめ、現在、中上級(B1-B2)レベルを勉強中。今は新聞やインタビューは読めて、モートンのMCくらいならわかります。現在、文法と作文の能力強化中。ゆっくり話してくれたら理解できるレベル。Håvard Rem氏から彼の本や歌詞の日本語訳を許可を得てやっています。 いつか出版できるといいな。 2015年から日本・ノルウェー協会に参加。

0件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。