The Voice Norge:ブラインドオーディション最終回 モートンが選んだのは一人だけ

The Voice Norge:ブラインドオーディション最終回 モートンが選んだのは一人だけ

(記事のアイキャッチ画像は以前のものです)

さていよいよブラインドオーディション、最終回。内容は18日(日本時間19日早朝)のものです。今回の「Husuk Lyd(音を覚えておいて)」はモートンのウットリ顔から。

この動画は切り取らないでねと記載されています。切り取り禁止です。

この動画で、モートンがかなりウットリした顔をしているので、てっきり振り返るのかと思いきや、モートンが振り返ったのはAnnikenのみでした。

Aniniken,歌い出しで全員が息を呑む(リンク先は動画)

Anniken は、歌い出しで全メンターが笑顔に。最後の最後にモートンの手が映って振り返り、続けて超ギリギリでヨセフも。彼女のインスタでは、このモートンとヨセフが振り返った瞬間のモートン、ヨセフ、そして自分の笑顔が見られます。

素晴らしいフィードバックを貰って超ーーーっ嬉しい。ありがとう!!♥♥

Anniken,歌い出しで全員が息を呑む(リンク先は動画です、別窓で開きます)

モートン「やあ」

Anniken「はい」

モートン「君の名前は?」

Anniken「Anniken Kolstad Skoglud」

モートン「とても上手くつかんでいた、様々な方向性を見せることができていたと思う」

Anniken「私も、沢山の方向性を見せることが出来た自信があるの」

うん、いいですね。自信満々な感じが。日本の歌番組でこんなこといったらかわいげが無いとかいわれて炎上しかねない気もしますが、本来はこういうのあってしかるべきなんですよね。

ちなみに。この彼女も、2013年の「Idol」出身者のようです。ファイナリスト10人の内の一人で、ファイナルでは最初に落ちてしまったとか。ホント、ノルウェーは歌うま番組が充実していて羨ましい。この番組、関係者から声がかかることもあるらしいので、TV2(IdolもTV2の番組)経由なのかもしれません。

他の進出メンバーは3人。Sondreはレネのみ、Emmaはマーティンのみが振り返ったので、ここはチーム確定。Lisaはマーティンがまず振り返り、曲がほぼ終わるころにヨセフが叫んでボタンを押しました。ということで、どちらのチームかは不明です。

The following two tabs change content below.

Misaki_Tomo

2011年からノルウェー語をはじめ、現在、中上級(B1-B2)レベルを勉強中。今は新聞やインタビューは読めて、モートンのMCくらいならわかります。現在、文法と作文の能力強化中。ゆっくり話してくれたら理解できるレベル。Håvard Rem氏から彼の本や歌詞の日本語訳を許可を得てやっています。 いつか出版できるといいな。 2015年から日本・ノルウェー協会に参加。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください