Stavangel Aftenbladによると、モートンが出演した子ども向け映画「カミーラと泥棒」が、初めてミュージカル化されたそうです。

https://www.aftenbladet.no/lokalt/i/P3Jb1J/Denne-musikalen-solgte-1600-billetter-for-plakatene-var-oppe

この作品は本も映画もとっても売れていたそうなのですが、これまでミュージカル化されたことはなく、今回初めてのミュージカル化は、あっという間に噂が広がり、
看板を掲げる前にチケット1600枚は完売したとのこと。
モートンの出演はないですが、噂があっという間に広がった話の一つとして、映画でモートンが乗っていた自転車の持ち主が、「ミュージカルでも使う?」と電話をかけてきたという話も。(実際に使うかどうかについては記事では触れていません)

モートンはミュージカルCD「ソフィーの世界」でソクラテスを演じたときに、実際のミュージカルには興味が無いと言っていたので、出る機会はそうない気もしますが…
突然興味を持ち始めない限りは。
ただ、こうやってモートンが出演していたものがミュージカルになるというのは、やっぱり嬉しいものですね

投稿者

Tomoko

1985年7月4日、期末試験の直前で部活が休みだった日に、たまたまみたテレビ神奈川の「ミュートマ」で『Take On Me』を見てモートンに落ち、8月25日にアルバム発売というので誕生日プレゼントにしてもらって、モートンの声の多才さに感動。その後、タイトルを最後に言うタイプのラジオで「この声綺麗」だと思ったら「I've been losing you」で、これまたモートンだったことから、自分にとって最高の声だと確信。2010年の解散に伴い、翌年からノルウェー語を勉強しはじめ、現在はMCは聞き取れるようになりました。