昨年、モートンの娘、トミーネが出ていた『Stjernekamp』。今年も実施されています。Ida Mariaとか有名どころも参加しています。
さて、その決勝戦でDidrik Solli-Tangenが、『The Sun Always Shines On TV』を歌ったようです。
残念ながら負けてしまいましたが。

ところで、モートンは最近『Hold me The sun always shines on TV』のところで、『Hold me now, The sun always shines on TV』と歌うのですが、
このDidrikも同じ歌い方をしていました。
私、この「now」のところが好きなので、ちょっと嬉しかったです

Wikiによると、彼は1987年生まれで、Merodi Grandprix 2010に参加しているそうで、『Yohan』でモートンの息子役を演じたアレキサンダー・リーバクとはお友達だそうです。
彼にとって、『The Sun Always Shines On TV』は彼にとっては生まれる前の曲なんですね。感慨深いです


カテゴリー: ニュース

Misaki_Tomo

2011年からノルウェー語をはじめ、現在、中上級(B1-B2)レベルを勉強中。今は新聞やインタビューは読めて、モートンのMCくらいならわかります。現在、文法と作文の能力強化中。ゆっくり話してくれたら理解できるレベル。Håvard Rem氏から彼の本や歌詞の日本語訳を許可を得てやっています。 いつか出版できるといいな。 2015年から日本・ノルウェー協会に参加。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください