ポールが自叙伝『Tårer Fra Stein』を出版、自分のこれまでのバンドに対する思いなどを語ったようです
Twitterの情報によると、既に売り切れだとか。

その中でモートンとのデュオを検討していたことを明らかにしました

以下、その部分だけ抜粋

僕たちは、デュオについて話していたんだ。10年前にも一度話したことがあったんだけどね。彼はa-haとはまた違った何かをやりたがっていて、それはa-haであるべきではないと考えていたんだ。

ちなみに、これは2012年のことだそうです。2012年でポールとモートンといえば、PSBなどが楽曲を提供した『Out Of My Hands』の時に、ポールが曲を提供するんじゃないかという噂もありました。
実際は含まれていませんでしたが。

2012年にその話が出たと言うことは、この噂ももしかしたら、先走った情報が何かあったのかもしれませんね。

今回のポールの本については、あちこちで記事がでていますが、モートンやマグネは一切コメントするつもりはないそうですし、このリンクした記事中でも、マネージャーのハラルドは「当時のことを詳しくは覚えていない」としていて発言するつもりは殆どないようです。

なお、当サイトはモートンのファンサイトなので、これまで同様、他のメンバーの記事については、モートンについて触れている部分「だけ」扱います。

ポール、a-ha 2010年の解散後にモートンとデュオを検討していた

コメントを残す