昨日あれだけ更新した(13連続更新)ので、もうネタはないだろうと思ったんですが、まだありました。
先日、モートンが、The Voiceの他のメンバー(マーティン、レネ)を「Senkveld」(直訳:夜遅く)に出たのですが、その番組の中で放送されなかった部分が
番組fbページでシェアされてました。

ポールとマグネの演奏を初めてみたときのことです。

youtubeにアップしてくれた人もいるので、そちらも載せておきます。

「僕はかなり混乱した。あまりにも良いものがそこにあったから。」

ーそれがあの二人?

「それが”僕たち”だったんだ。あの二人にかけているのは僕だけだと思った。」

(会場笑い)
ーそれには賛成だけど

「だからそうした、僕には(僕が加わることで)どう聞こえるようになるか解らなかった、当然薄まってしまう部分もあるから。そう僕は理解した。でも、そんな感じに、とてもとても力強かったから。だから、僕がまずしたことは『彼らに連絡を取らない』ことだった」

ートリックを使った?

「そうだね。もし、僕が売り込みに行けば、僕は彼らにとって他のものと同じになってしまう。だから売り込みにいけなかった。
 僕は、彼らから発見されるべきだったんだ。」

ーえ、ええ?じゃあ、どうやって上手くいくんだよーーー(笑)

つまり、モートンは『The Bridges』をみて、「ここには僕の声が必要だ。僕の声によって力強さが薄まる可能性もあるけど、僕はここにいるべきだ。でも、自分から売り込んでしまっては、他の有象無象と同じにされかねない。だから、彼らから声をかけてくるようにしよう」としたわけですね。

そして、実際、彼らは一度二人でイギリスに行き、失敗して帰国。
成功にはモートンの声が必要だってことで、モートンに声をかけたと。

前後がわかりませんが、この彼らの曲を聴いたのがNM i Rockだとすると、その夜、マグネはモートンと一緒に帰宅し、マグネのお父さんの事故をモートンが目撃していたことが判明しているわけですよね。(マグネのインタビュー番組より)
うーん、なんか凄いぞ、モートン。

ビビビってきたってやつですね。やっぱりマグネとモートンはかなりの運命的な出会いだったのでは…。

マーティンは「僕はモートンに勝てる。彼は売り込みが下手だから」と言っていましたが、売り込み云々しなくても、必要な人との出会いは必然さ…というタイプなわけで、これは勝負を挑んでも暖簾に腕押しなのでは。

それにしても、モートンすごいわ、やっぱり。いろんな意味で。

 
 


Misaki_Tomo

2011年からノルウェー語をはじめ、現在、中上級(B1-B2)レベルを勉強中。今は新聞やインタビューは読めて、モートンのMCくらいならわかります。現在、文法と作文の能力強化中。ゆっくり話してくれたら理解できるレベル。Håvard Rem氏から彼の本や歌詞の日本語訳を許可を得てやっています。 いつか出版できるといいな。 2015年から日本・ノルウェー協会に参加。

0件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。