昨日配信されたa-haのVRシステムを使ったコンサートについて、Dagbladetが記事にしています

http://www.dagbladet.no/2016/05/20/kultur/a-ha/morten_harket/vr/virtual_reality/44292927/

URLはモートンですが、マグネのインタビューです。

a-haは新しい技術で永遠になる

-僕たちはとても感謝している、だから恩返ししたかったんだ

「これは、まるで人類が初めてウオークマンを使ったときのようだよ」マグネ・フルホルメンは、VRグラスを装着してそう言った。
978x
バーチャル・リアリティ(VR)によって、スーパーバンドa-haは今、永遠になる

Dagbladetがバンドに会った時、マグネはVRグラスを装着して、既存のアプリをわずかな時間スタートさせた。

-永遠に続く
突如、彼は、オスロスペクトラムで行われた、彼らの世界ツアー『Cast In Steel』の最終公演の一つに、立っていた。

「僕がいて、キーボードをいじくってる!」彼は大きい声で言った。

『Cast In Steel』ツアーのうち、選ばれた1日が360度カメラによって、3Dフィルムになった。

コンサートをこうして見られるということは、人類はバンドツアーの体験に新たな可能性を得たと言えるだろう。

「僕たちは、a-haに永遠に存在してほしい、でもそれは残念ながら不可能だ。
だから、そのコンサートの一つそのものを捕まえて、永遠に続くものにしたんだ」
Hydroの技術ディレクターのHans Erikは報道発表の中でそう伝えている。

-贈り物
360度カメラによるフィルムコンサートのアイディアは、ポール・ワークター=サヴォイ、モートン・ハルケット、そしてマグネ・フルホルメンがコンサート終了までのカウントダウンに入って、何ができるかを検討したことによって生まれた。

「僕らは、以前、フログネル公園で15万人の前でちょっとした親密なコンサートをやったこともある。これは僕たちからの、その場にいられなかった人達へのプレゼントなんだ。体験してもらうのは、とても成功したツアーからの一つのコンサートだけど、僕たちはとても感謝していて、何か恩返しをしたかったんだ」
フルホルメンは、そう言った。

-テクノロジーオタクになりましたか?

「いや、それはないよ。そうなるのは、ジャン・オムダールのようになんでもやりたがる人はそうかもしれないけど。同時にこういった技術は、あらゆる可能性を与えてくれると思う。VRは感動的だし面白いよね、あ、僕はテクノロジーオタクではないよ、でもVRはとてもタフだと思う」

プロジェクトは、Hydroとa-haの共同プロジェクトだ。コンサートは、HydroのYoutubeチャンネルで配信され、専用のアプリもリリースされる。

「VRグラスとコンサートアプリを使えば、誰もがコンサートの中に入り込める。アリーナでコンサートを体験するだけでなく、モートンと一緒の舞台に立って、数千人のファンの前で、時代を超えたヒットソングを楽しむ事もできるんだ。これは特別な体験だ」Hans Erik Vatneは、そう言っている。


Misaki_Tomo

2011年からノルウェー語をはじめ、現在、中上級(B1-B2)レベルを勉強中。今は新聞やインタビューは読めて、モートンのMCくらいならわかります。現在、文法と作文の能力強化中。ゆっくり話してくれたら理解できるレベル。Håvard Rem氏から彼の本や歌詞の日本語訳を許可を得てやっています。 いつか出版できるといいな。 2015年から日本・ノルウェー協会に参加。

1件のコメント

Dagbladetにマグスのインタビュー。VRコンサートは、僕らからの恩返し | a-ha holic · 2016年5月21日 10:28 AM

[…] 訳はこちらにありますが、記事によると、ツアーの終盤に3人で何か出来ないかと考えて、コンサートに来られない人にもお返しをしたいということで、このアイディアが出たようです。 […]

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。