こちらのサイトにも「out of my hands」の日本版の検索で辿り着く人もいますし、周りにも「日本版出して欲しいよね-」という要望が存在するため、Morten, Kom til Japanに続いて、こちらも署名をスタートしました。

http://chn.ge/weK8ZM

50くらいになれば、ユニバーサルミュージック(ジャパン)にメールしようと思っています。

今回のモートンのソロアルバムは、私は「モートンだから!」買うわけですが、もう少し引いたところからみても、結構アピールポイントはあると思うのです。

1.80年代に大ヒットしたa-haのボーカル、モートン・ハルケットのアルバムであること
2.そのアルバムに今回初めて、Pet Shop Boysが曲を提供していること
3. ビヨンセなどの曲を手がけているヒットメーカー、Espen Lindのノルウェーでの爆発的ヒット曲をカバーしていること

『a-ha×PSB×ヒットメーカー!!北欧のイケメンおじさん参上!』
 ・知る人ぞ知る、80年代はイケメンの宝庫。その80年代に大ヒットしギャッツビーのCM等で
  お馴染みだったa-ha。そのボーカル、モートンハルケットがPSBとヒットメーカーと共に
  新たな挑戦!

とか。後半(北欧のイケメンおじさん参上!)は冗談ですが、でもさー、イケメンだし。a-haとPSBとヒットメーカーの組み合わせなのをキャッチフレーズにしたら、結構買う人いると思うんですよね。

カテゴリー: Kom til Japan

Misaki_Tomo

2011年からノルウェー語をはじめ、現在、中上級(B1-B2)レベルを勉強中。今は新聞やインタビューは読めて、モートンのMCくらいならわかります。現在、文法と作文の能力強化中。ゆっくり話してくれたら理解できるレベル。Håvard Rem氏から彼の本や歌詞の日本語訳を許可を得てやっています。 いつか出版できるといいな。 2015年から日本・ノルウェー協会に参加。

0件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。