a-ha, ロシアのテレビインタビュー

a-ha live.comさんのツイートより。

a-haがロシアのテレビインタビューに答えたようです。
http://www.obltv.ru/news/culture/intervyu-s-legendarnoy-gruppoy-a-ha-pered-kontsertom-v-ekaterinburge/

残念ながら、ドイツ語のインタビュー同様、上からロシア語をかぶせてしまうので、メンバーの声はしゃべり始め以外、全て塗り替えられています。

記事もロシア語なのでわかりませんが、グーグル翻訳でチェックしてみたところ、最後に面白いことを聞かれていました。
「あなたたちは英語で歌うけど、何かロシア語で歌ってみる?」というもの。

それに対してモートンは、「僕たちの言語(ノルウェー語)はメジャーじゃないから、英語で歌ってるんだ。英語の曲を聞いてきたし。英語で歌うことが夢だった」としつつも、自分は文章の表現にとても興味を持っているとし、「ロシア語も興味深いよね。もし、全ての曲をロシア語でやるとしたら、それは勿論実験的なことになるだろうけど。最大の課題は、改作するにあたって、歌詞をロシア語に翻訳すること。上手くやるのは、実際、かなり大変だと思うよ」と答えています。(あくまでグーグル翻訳ベースです)

これと同じ質問を日本語で問い合わせたら、メンバーの中で実は日本語出来るメンバーがわかったりしてとちょっと思いました。

The following two tabs change content below.

Misaki_Tomo

2011年からノルウェー語をはじめ、現在、中上級(B1-B2)レベルを勉強中。今は新聞やインタビューは読めて、モートンのMCくらいならわかります。現在、文法と作文の能力強化中。ゆっくり話してくれたら理解できるレベル。Håvard Rem氏から彼の本や歌詞の日本語訳を許可を得てやっています。 いつか出版できるといいな。 2015年から日本・ノルウェー協会に参加。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください