モートンが出演した短編ドキュメンタリー映画『Hemland』が放映、公開されました。
昨日リンクしたページは予告編のみで、そこからのリンク「Hela Program Hemland」というところで観ることが出来ます。
下記リンクです。
http://www.svt.se/fans/se-program/fans-hemland-avsnitt-1
全編英語(スエーデン語字幕つき:一部、a-haのヒットについてのところのみ字幕無しスエーデン語)、最初の26秒はこれからの番組の予告編ダイジェストのようなものが流れ、27秒頃から始まります。全部で13分の映画です。

シリア難民の話ということで、正直、観るのがちょっと気が重い部分がありましたが(悲しい映像ばかりだと自分も悲しくなってしまうので)、シリアの現状云々にスポットをあてたものではなく、彼女の人生にスポットを当てたものでした。
モートンと彼女は生まれ育った場所も宗教も違うけれど、「心の中に神様がいる」という点において、共通しているのだなと感じる映像でした。
そして、モートンの発言は今回も素敵でした。「変化」ということについて、「体は毎日、毎秒1000万の細胞が死んだり生まれたりしている(*1)。3ヶ月もすれば皮膚そのものが再生される。10年後の君は今の君と全く違う。じゃあ、その時の君は誰なんだろう」。
この発言も、マスコミによっては「霧の王子発言」されてしまうかもしれないけれど、真理ですよね。

hemlandmorten

この彼女は変化そのものをポジティブに捕らえている部分があり、そこから出た話ではありましたが、たとえ、どれほど過去に囚われ、手放せない気持ちでいたとしても、自分の体は変わっていっているんだと思えば、「変われない」ということそのものが「ない」と思えるよなと。というより、生きる限り変化はつきもので、何一つ「そのまま」ではいられないのだと、それはつまるところ、毎日再生していく体の行き先、つまり自分の方向性を決めるのは自分自身なのだと、そういう意味に私には聞こえました。

最後はBrotherの曲が流れていましたが、この映画にはぴったりだと思いました。

(*1) http://www.o2-capsule.jp/2008/01/refresh.html によると、毎秒500万個の細胞が死に、500万個の細胞が生まれてるそうです。

(追記) 動画は公開から30日間のみとのことです。来月頭には観られなくなるようです。

投稿者

Tomoko

1985年7月4日、期末試験の直前で部活が休みだった日に、たまたまみたテレビ神奈川の「ミュートマ」で『Take On Me』を見てモートンに落ち、8月25日にアルバム発売というので誕生日プレゼントにしてもらって、モートンの声の多才さに感動。その後、タイトルを最後に言うタイプのラジオで「この声綺麗」だと思ったら「I've been losing you」で、これまたモートンだったことから、自分にとって最高の声だと確信。2010年の解散に伴い、翌年からノルウェー語を勉強しはじめ、現在はMCは聞き取れるようになりました。