久々にマグスによるモートンネタ投下。

http://www.tv2.no/2014/09/26/underholdning/senkveld/magne-furuholmen/6051904

今までも、Take On Meについては、モートンが、はじめてそのリフを聞いたときのこと(
『―ティディーディーディ ディディディディディディディ
―そこで僕は、全てが終わったとわかったんだ。僕たちをとどめるものは何もないってこともね。あとは道をいくだけだ。』
)や、あの高音で歌うフレーズのこと(『最高だとよく言われる曲っていうのは、本能的にボーカル部分の攻略がわかるものなんだ。イマイチだったら、そもそもあまり演奏されないからね。
『Take On Me』がいい例だよ。僕は、あの部分を衝動的にやりたいと思わなかったけど、あの部分を粉々にしようとも思わなかった。あの曲は、僕がうまく活かしてあげなくちゃいけなかったんだ。』
)と語ってきましたが、今回は、マグスが『Take On Me』のリフについて語りました。

金曜日のSenkveldと言う番組で、マグスがあの有名なフレーズを初めて作ったのは、彼が15歳のときだったこと。他のバンドで使われていたことが語られました。(このあたりは有名な話ですね)
ただ、あのリフがTake on meで使われるようになったのは、モートンのおかげだそうで。

「モートン・ハルケットは、”あのリフを使わないのなら、もう一緒にバンドをやりたくない”と言ったんだ」

だそうです。
記事は、「モートンは思い通りになり、この結果、Take on me はアメリカのチャートで1位になり、歴史となった」と書いています。

なお、このマグスの言葉についてのモートンの反応ですが、現在旅行中で、ノーコメントだったそうです。

カテゴリー: ニュース翻訳挑戦

Misaki_Tomo

2011年からノルウェー語をはじめ、現在、中上級(B1-B2)レベルを勉強中。今は新聞やインタビューは読めて、モートンのMCくらいならわかります。現在、文法と作文の能力強化中。ゆっくり話してくれたら理解できるレベル。Håvard Rem氏から彼の本や歌詞の日本語訳を許可を得てやっています。 いつか出版できるといいな。 2015年から日本・ノルウェー協会に参加。

2件のコメント

マグス、Kygoの『Take on me』について-勇敢だ | a-ha holic · 2015年7月22日 7:06 AM

[…] ちなみに、このリフについては、過去にマグスが「『Take on me』のリフが世に出たのはモートンのおかげ」と言っており、モートンも、、「あのリフを聞いた瞬間に、もう押しとどめるも […]

Kygoの『Take On Me』について、a-haの3人がコメント | With you – With me (Morten Harket.jp) · 2015年9月1日 8:12 AM

[…] 語っており、マグネも、「あのリフが世に出たのはモートンのおかげ」と話しています。 […]

マグス、Kygoの『Take on me』について-勇敢だ | a-ha holic にコメントする コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。