http://www.dagbladet.no/2014/06/05/kultur/ryksopp/robyn/billboard/musikk/33690918/

Dagbladetの上記記事によると、a-haがノルウェー音楽史上でもつ記録が一つ破られることになるそうです。

記録というのは、デビューアルバム「Hunting High and Low」のビルボードチャート第15位の記録。これまで、ノルウェーのミュージシャンがこの記録を塗り替えたことはありませんでした。

それが、今回、ノルウェーのトロムソ出身のデュオ、ロイクソップ(Röyksopp)がスデーデンのアーティスト、ロビン(Robyn)とコラボしたミニアルバム「Do It Again」が、来週のビルボードチャートで14位にランクインが決定したとのこと。

これに対し、マグネがa-haを代表してお祝いのことばを述べています。

「もはやa-haはノルウェーのビルボードアルバムチャートでの最高記録ではない。
 ロイクソップとロビンのEPのビルボードチャートでの成功おめでとう!」

また、オスロのデュオNico &Vinzの「Am I Wrong」も昨日、ビルボードのシングルチャートで6位に到達したそうで、これはYlvis の「Fox」と並ぶ記録だそうです。

マグネはそれについても、「僕たちはNico &Vinz を応援してるよ」と言っているそうです。

アルバムチャートでの記録は塗り変わりましたが、「『Take On Me』の持つ1位の記録は未だ健在である」と記事では書かれています。

投稿者

Tomoko

1985年7月4日、期末試験の直前で部活が休みだった日に、たまたまみたテレビ神奈川の「ミュートマ」で『Take On Me』を見てモートンに落ち、8月25日にアルバム発売というので誕生日プレゼントにしてもらって、モートンの声の多才さに感動。その後、タイトルを最後に言うタイプのラジオで「この声綺麗」だと思ったら「I've been losing you」で、これまたモートンだったことから、自分にとって最高の声だと確信。2010年の解散に伴い、翌年からノルウェー語を勉強しはじめ、現在はMCは聞き取れるようになりました。